ぴーこのあれこれ

未分類

平幹二朗がドラマの中で「顔は自叙伝だ」と言った。
自叙伝とは自分の生い立ちや生きざまを自分で書くことだ。
となると、どうにでも書ける? わね。でも「顔」はそのものずばりだものね。

いま、たまたま日曜討論を見ているが、なんと様々な顔の政治家? たちだこと。
発言も違うし顔も違う、その裏側になにが隠れているのだろう。
丸の内界隈や新橋駅近辺のサラリーマン、余裕の表情だものね。
富裕層も庶民もそれぞれの生きざまを晒して生きている。
そう思うと人間ウォッチングは興味深いわ。
これから電車に乗ってウォッチングしてこよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆人間ウオッチング

「顔は自叙伝だ」なるほどです。
きれいな整った顔立ちの俳優さんでも、老いれば皺もシミも出ますが、
言葉や物腰に年輪を感じる人が好きです
むしろ年取ってからのほうが魅力的な人もいますね。

地下鉄の中でウオッチングしたくても、あまりジロジロは失礼なので・・・
私は殆どの場合本を読むことにしています。

◆No title

顔、確かに顔だちの善し悪しより、表情とか言葉で何となく性格とか想像出来るようになりました。

服装とかでも性格が解るそうですよ(^^ゞ

初対面の人だと、想像と喋った感じとの差を楽しむのも面白いかもです。

◆No title

>Reiさん

顔は生きてきたその人自身ですから嘘はつけませんね。
職業によっても違いますが、生きざまを感じること多々あります。
特に男性の顔にそう感じます。
ウォッチングも何気なく観察するのは面白いです。

◆No title

>のん子さん

懸命に生きている人の顔は引き締まって見えますし、
いい加減に生きている人はそれなりに見えます。
特に男の顔はその人を表しているように思います。
そうですね。喋ってみないと分からないこともありますけどね。

◆No title

人の顏って、本当に不思議。
眉、目、鼻、口、輪郭で、千差万別の顏ができる。
微妙なバランスなのよね。
その造作に、表情が加味され、生きてきた、その人の歴史が
刻まれる。味のある顏がすきです。
ぴーこさんはきっと、一目で人を見抜くんでしょうね。
これだけ、ウオッチングなさってるんですから。
暮れぐれも、転ばないで下さい。

◆おはようございます🎶

「顔は自叙伝だ」・・・なるほどですね~。
オフ会なるものを何度か経験しましたが、
実際に出会ったその顔形や表情、会話など、ブログなどの文章と、
そのギャップの著しさも経験しました(苦笑)。

文章には表現できても、会話は苦手という場合もありますね。

私も昨日は、歌声仲間と数百人との出会い・・・。
人間ウォッチングは面白いですね。
ただ、心底は見えない (^^♪ ???

◆No title

>やまあらしさん

テレビを見ていて政治家 もこれほど違う顔なんだと改めて思いました。
例えば細野さん、中田さん、かっこいいけど発言は違うんですよね。
当然ですが、どんな背景があるんだろうと思ってしまいました。
生きざまというか、見とれてしまうような顔ってありますよね。
見抜くなんて自信はありませんが、ウォッチングは面白いです。

◆No title

>Kanmoさん

「自叙伝」と言う言葉に納得しました。
文章はどうにでも書けますが顔は隠しようがありませんものね。
生きてきた歴史そのものですものね。
そうですか。オフ会でギャップを感じられたのですか?
わたしは一度経験がありますが、それほどのギャップはなく
ステキな方たちだったと思っています。
ですからブログも納得しています。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR