ぴーこのあれこれ

Y医院へ

未分類

今日は月1回のY医院だった。診察の後、Y医師が言った。「連休の予定は?」
「いえ、杖になったのでもう何処へも行かれません」「杖や車いすでも旅行に行く人いるよ」
「そうかもしれませんが恵まれた人でしょうね。私は無理です。都心のホテルくらいなら
行かれるかもしれませんが・・・」 診察のあと何かしら聞かれる。
年初めは「今年の目標は?」なんて聞かれたし。言葉を用意していないから
ちょっと戸惑ってしまう。

今日も思わず「都心のホテルへ」なんて言ってしまった。行く予定もないのに。
そういえば最近ホテルへ行ってないわ。食事にでも行きたいけど予約は一杯だろうし
だいだい同行してくれる相手がいないわ。そんな元気のある友達はもういない。
淋しいわね。夫は出不精だし子供たちは予定があるらしい。仕方がないから電車にでも
乗りますか。極上の孤独を求めて・・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆ホテル

食事だけでも、、いえいえ、コーヒー一杯だって構わないのです。

ラウンジの雰囲気に浸ってくるだけでも、落ち着いた雰囲気とちょっとおしゃれになった自分が見つかります。

面倒と云う人もおりますが、遊びだと思えば楽しいですね。

◆No title

>マー二さん

以前はホテル好きな友人がいてランチめぐりをしました。
その友人はご主人が寝たきりで外出できなくなりました。

そうですね。連休が終わったら行ってみましょうか。
杖なのでちょっと面倒になってきた気もしますが、
気分転換に良いですよね。

◆No title

休みの日は外出しません、東京はどこも混んでいます
賑やかな場所は好きですが、混んでいる場所は好きではないです
我儘baba
です。都心で休みたい時帝国ホテルはいいですよ
結構シニアの一人が多いですね
大勢いるcafeでの極上の孤独を味わってくださいませ。
本かスマホを目にしながら周囲を眺めるのも一興かと。。。

◆No title

>けいさん

私も基本的に連休などは外出しません。
たまたま医師に聞かれたものですからホテルなんて言って しまいました。
帝国ホテルは落ち着きがあっていいでしょうね。
わたしは京王プラザとか竹芝のインターコンチネンタルホテルがお気に入りでした。
ホテルの佇まいは最高ですね。極上の孤独を味わえそうですね。
連休が明けたら行ってみようかしら?

◆No title

「極上の孤独」何だかこの言葉に惹きつけられました。
私も自由ですが、回りが年を重ねて外出困難になりますと
普段は思わない孤独が迫ります。
ホテルで、一人でお食事は淋し過ぎます。
毎日が連休ですから、人の少ない時に出かけるつもりですが
急に夏日になり、難しいです。
電車がお好きなぴーこさん、思い切って大阪へいらっしゃいませんか。
新大阪までお迎えに行きますよ。
ご馳走は無いですが、小さなホテル宿泊(我が家)予約できます。

◆No title

>あざみさん

「極上の孤独」は新聞広告を見て読みたくなりゲットしました。
昨日、”テレ朝”で取り上げられていましたが、納得することばかりで
手軽に読めます。
高齢になるにつれ孤独は避けられませんね。孤独の時間を責任を持って
いかに極上にするかが問われるようです。
御厚意心から感謝します。ありがとうございます。
でも新幹線に乗る自信はありません。荷物もあるしトイレは近いし
無理なようです。
杖になって4年半です。我ながらよく頑張っているなと思います。
ありがとうございました。

◆No title

今晩は。
今度上京したら、ホテルでお目もじを・・・と言いたいところですが、
品性を見抜かれそうでいけません。

本、図書館でもまだ未購入とのこと。
一応予約いたしましたが、暫く待って、待ちくたびれたら自分で買います。

◆No title

>こすずめさん

おはようございます。
いえいえ、もしお会いできるタイミングがあったら嬉しいです。
ホテルでしたらタクシーで駆けつけますが、化粧っ気もない小さなお婆ちゃんです。ただありのままに生きてきました。

この本は200ページ弱の小さな本ですが、やはり女性の書かれたものだなという実感です。

◆No title

医師の先生とこんな会話が交わせるなんて
いいなあ、と思います。
「極上の孤独」読んでみたいと思います。

ぴーこさんのところに寄せられるコメントも素敵ですね・・・。

◆No title

>こうさん

Y医師はまだ40代半ばですが何かと会話がはずみます。
以前は待ち時間に本を読んでいたら感想文を書かされました。
「極上の孤独」はさらっと読めますし、ほとんど納得しました。

色々な方からコメントをいただいて有り難く思っています。

◆No title

ぴーこ様

わたしのブログにぴーこさんのブログの感想を書かせていただきました。
後のご報告でごめんなさい。
ぴーこさんのブログを読むと、いつもとてもすっきりするのです。
これからもよろしくお願いいたします。

◆No title

>こうさん

恐れ入ります。穴があったら入りたいくらいです。
長年生きてきて様々なことに遭遇し、こんな生き方考え方になったのだと思います。
極上・・・にも書かれていますが、何事も自己責任を伴うのですね。
その覚悟があればほとんどのことは可能なのじゃないかしら?
でも行動を起こすまでに熟慮しますが。なんて大袈裟ですね。

ブログ読ませていただきました。お恥ずかしい限りですが、ありがとうございました。
コメントさせていただくことも有るのですが、あれっ!消えちゃった・・・みたいなことがあって失礼しています。またトライしてみますね。

それから名前は・・・さん付けにしてくださいませ。よろしくお願いいたします。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR