ぴーこのあれこれ

出会い

未分類

4月1日でH整骨院に通い始めて3年になった。馴染みの喫茶店のママさんに勧められての
ことだった。タイミングというのか必然の出会いなのかご縁なのか。
わたしが「これだっ!・・・」って思ってしまったのだ。
これまでも思いがけない出会いを何度も経験したけど殆んどいい方向に動いている。
どんな出会いがあってもその気にならなければスルーしてしまうものね。
わたしは割に積極的に動いてきたと思う。

先日、もと俳句の仲間仲良し4人と食事した。それぞれの人生は違うけど、みな満足度
80%以上だと言った。彼女たちも前向きな生き方だ。自分で自分を否定してしまったら
悲しいものね。ごちゃごちゃ言ってる暇があったら行動ね。杖なのにまだこんなこと言ってる
自分が可笑しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆No title

出会い。
偶然は必然と思います。
なので、出会いは有難く大切にしたいとも。

私も、かなり積極的かも知れません。

◆No title

>こすずめさん

確かに偶然は必然かもしれませんね。
そう考えるとわたし、かなり必然の出会いに遭遇しました。
ですから後悔していませんし神様のご加護だと信じています。

こすずめさんも積極的なのですね。お互い頑張りましょう。

◆No title

出会いはご縁ですね。良い出会いは長く続きますが
ご縁が無かったら一度きり、と言う事もあります。

私とぴーこさんは性格が似ているような気がします。
思いついたら即行動する。
前向きな考え方をする。(+思考)
厭なことは振り帰らない。歩ける間は杖でもシニアカーでも
出かけましょう。新しい出会いが必ずあります。
あの素敵な女性ドライバーさんのような。

◆No title

私は一人旅が若い時から好きです。旅先での一期一会の
出逢いも大切にします。 パソコンを覚えてからも初めての
出逢いを大切にして長くお付き合いしてくださる友人も
増えました。お顔は存じ上げなくても言葉を交わすだけで
心は通じます。言葉の大切さをしみじみと感じます

◆出会い

みなさんの満足度80%以上とはお見事です。

下重暁子さんの本私も読んでみたくなりました。
下記は幻冬社のHPからの引用です。
益々読んでみたくなりました
私は望んで一人暮らしになったわけではありませんが
19年の一人暮らしは「独身貴族」を自認しています
下重さんのお考えに共感覚えました
     記
現代では「孤独=悪」だというイメージが強く、たとえば孤独死は「憐れだ」「ああはなりたくない」と一方的に忌み嫌われる。しかし、それは少しおかしくないか。そもそも孤独でいるのは、まわりに自分を合わせるくらいなら一人でいるほうが何倍も愉しく充実しているからで、成熟した人間だけが到達できる境地でもある。「集団の中でほんとうの自分でいることは難しい」「孤独を味わえるのは選ばれし人」「孤独を知らない人に品はない」「素敵な人はみな孤独」等々、一人をこよなく愛する著者が、孤独の効用を語り尽くす。

◆No title

>あざみさん

考えてみますと思いがけない出会いがかなりありました。
そしてどれもが私の人生で輝かしい? ものであったと感謝しています。
もちろん耐え難い忍耐の日々もありましたが、それを上回る出会いだったと
思っています。
本当にあざみさんと私、性格が似ているかもしれませんね。
与えられている大事な時間を無駄にしたくないのです。

女性ドライバーさんと千葉へ出かけたのはもう7回目なのですよ。凄いでしょ?

◆No title

>けいさん

けいさんは一人旅をなさるのですね。わたしは旅はちょっと淋しいような気がして友達と一緒が多かったです。
折角の言葉なのですから使わない手はありませんね。書いても喋っても
コミュニケーションのツールとして最高だと思います。
今さらですが言葉は大好きですし使わないと勿体ないと思います。

◆No title

>Reiさん

引用してくださってありがとうございます。
そこまでは考え付きませんでした。
面白そうでしょ? 
Reiさんは独身貴族を19年も・・・・私はガタガタ言いながら日々を送っていますが、良いのか悪いのか分かりません。
わたしは「まわりに自分を合わせるくらいなら一人でいる方が・・・・」と言う文章に惹かれています。今日も孤独で? 電車に乗ってきました。
車窓の風景に揺れに身を任せ充分解放感を味わいました。
俳句の仲間はとにかく積極的な人たちで、さもありなん・・・・と思いました。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR