ぴーこのあれこれ

あれこれ

未分類

美容室へ出かけた。この頃人がいない。いつも空いている。ポツンと座っている店主。
気の毒になってしまう。住宅街にあるから若い人はほとんど来ない。私世代が多かったけど
車いすになったり施設へ入ったりして来られなくなったのが原因らしい。
淋しいわね。あんなに賑やかで社交場みたいだったのに・・・。
少子高齢化はこんなところまで影響があるのね。私だっていつまで歩けるか分からない。
でも歩けるうちは利用したいので「頑張ってくださいね」といつも声を掛けている。

杖になって4年が過ぎた。なんと早いこと。パニックにもならず何とか歩いてきた私。
そしてこれからも続く。老いは加速している。髪も頭頂部が薄くなったし、気が付いたら
眉毛が細くなっている。擦り切れたんだわ。化粧もせず眉毛なんてかいたこともない。

細切れでもいいから歩いたほうが良いとテレビで言っていた。その点なら大丈夫。座っていたくても
まぁ、細かい動きは果てしなくある。お婆ちゃんがおじいちゃんより長命なのはそんなところも関係しているかな。
でも寿命は分からない。明日かも知れないしね。今日を頑張ろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆気持ち

どうやら男は、自分の為にだけ生きる事が下手な様です。
目的の中に「アイツを、、あれを、、」などと、自分以外のものを、どうしたい!と、夢を抱く様です。

女性のほうが、素直に自分を大切にできるのかもしれませんね。

若い頃の、生きる事は面白く、無い日がお祭りみたいに騒いでいただけ、
でも、本当の生きるがわかってきたのは、どうやら50を過ぎてから、

景色の中にも見つけられる様になったのは、、最近・・・
現在は、ダンダン透明感を増して行く自分を面白く感じております。

人生は面白いですね。

◆No title

>マー二さん

そうでしょうか。マー二さんはお優しいから誰かを大切にしたいと
思われるのでしょうが、それが当然だと思いますが、わが夫は自分本位です。
妻も子供も付属みたいで情けなかったです。子供にすら
親としての対応が足りなかったのではないかと思います。

女性は少なくとも子供に対しては無償の愛を注いできたと思います。
いま老いてわが身を振り返り自分を愛おしんでいます。
それぞれの環境、生きることへの思いは違うでしょうが、人生が面白いのは確かですね。

◆No title

やっぱり、世代が変わるといろいろな環境が変わり流行ものも変わってきますね
流行っていた店が廃れてくると繁華な時代を知ってるだけに淋しくなりますね
ぴーこさんは杖を付いて不便とおっしゃるけど…少しお待ちください…☝(๑’ᴗ’๑)~♪
今、ロボットが凄い進化で身体に装置すると、歩けない人が歩けるようになって持てないほどの重みも悠々持てるように殆ど完成されているそうですよ
身内のいない私は動けなくなることが恐怖でしたけれど、その番組を見て少し安心しました…(ღˇ◡ˇ*)♡
早く実用的になると助かる人がいっぱいいますよね~ღ'ᴗ'ღ

◆No title

>timeさん

季節も進んで朝方は寒いくらいですね。
社会の変化も激しいようで先が読めませんね。
庶民はなす術もありません。平和だった昭和の時代が
懐かしいです。
技術が進歩してロボットなどの活躍も間近いようですが、
私はもう無理でしょう。杖で生きられるだけ頑張ります。
timeさんは、きっとその恩恵に預かることができるでしょう。
どうぞお元気で快適にお過ごしください。
身内がいてもこの先どうなるか見当もつきません。日々できることを
愉しみましょうね。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR