ぴーこのあれこれ

医科歯科整形外科へ

未分類

昨日は半年ぶりに医科歯科整形へ行ってきた。昨年11月末受診の時は都心の紅葉に
目を奪われたが、今回はさわやかな緑が心を癒してくれた。半年でこんなにも変わってしまうなんて
自然とはなんと素晴らしいのだろう!
A医師はにこやかに受け止めてくださる。今回は足底板を入れていただくことになった。
2度目である。もう3年経ったとか。早いわね。

新しい靴を持参した。石膏で足型を取って丁寧に対応してくださるN先生、何かと説明してくださって
安心できる。だって本当に履き心地が良いのだもの。ところが夫である。まだ、充分履けるじゃないかとか
高い、とか。5万円少々する。納得して靴を持ってきたはずなのに今さら何を・・・もう心が折れそうになった。
居たたまれなかった。こんなこと書いてしまって恥ずかしい。でもこれも現実なのだ。
読んでくださる方にこんなこと書いて・・・なんて思われそうだけどお許しください。穴があったら入りたい。
だったら書かなければいいのにね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆No title

足は体の基本ですもの、
私もお値段には甘いです。
夫は、私が靴や足回りにどれだけ使っているか、知りません。知らぬが仏です。

現実、どんどん吐いて下さい。
どのお宅にもあることですし、ホッとします。

◆No title

これでピーコさんが歩きやすくなったらとても素敵な事なのに…
男は駄目ですね…思いがいかないんですよね
どこでも同じような諍いはあるものです
私は行動的なピーコさんが生き生きしてらっしゃる事に元気づけられています
これからも益々ご活発に行動してくださますように期待しています…(ღˇ◡ˇ*)♡

◆No title

>こすずめさん

そう言っていただいてホットしました。
ありがとうございます。わたし何しろ本音で書くものですから
自分でも何を言い出すか恐ろしいです。
現実はきついです。大病院はあちこち歩きますので、悔しいですが
たまには同行してもらうのです。

◆No title

>timeさん

ありがとうございます。
こちらで作っていただく足底板はとても歩きやすいのです。
金銭には変えられません。どうして分かってくれないのかと腹が立ちます。
思いやりがないのでしょうね。
私も80を過ぎてさすがに疲れやすく体力がついてきませんが、
自分なりの日々を紡ぎたいです。頑張りますね。

◆最近

遠近と中近のメガネを購入したのですが、

実はメガネ、、何度もかけるように言われていたのです。
しかし、あの視界の不自由さ、それに、凝視すれば見えるのですから、
これで良し、、と、していたのです。

カミさんの、、「眉間にしわ寄せて睨んでいるみたい、、」とか、
「ヒドイ顔で、、」 などと言われて、、ようやく決意!

眼鏡屋で検眼、、ちょっとおしゃれな眼鏡に致しました。
家に帰って、メガネの世界、最初はグラグラ揺れる世界に、、「これはダメ!」

ところが、肩こりが治り、目の前のピント調節も楽になって、
PCやTVを見るのも明るい世界なのです。

長くなりましたが、、経験のない事の ” 価値 ” は、気が付かないモノなのです。

昔から近眼のカミさんには当たり前のメガネ。
その価値に気付くのに、
私は40年以上かかったのです。

自分がその立場にならないと分らない事も ” あるのだ ” と、
お互いが自覚し合うのには、あと、何十年かかるのでしょうか?
それでも、ヒトツ、不自由の味、理解できた様に思われます。

諦めずに、時により ” お話するコト ” が一番だと、私は想うのですが、
ぴーこさんの是非、、お試しいただければ、、と、

またまたの、おせっかいでした。

◆No title

>フゥーさん

いつも含蓄のあるコメントをありがとうございます。
わたしは ”その立場にならなければ分からないこと” があるのを充分
認識しているつもりです。
そんなスタンスでいればどんな人でも理解し会えると思うのです。
でも夫は自分にしか興味がないのです。他人を思いやる気持ちなど持ち合わせていないようです。お恥ずかしい話ですが
そのためにどれほど苦しい思いをしたか分かりません。
バカですね。ならどうして・・・笑っちゃいますね。

◆笑いませんとも、

良い事も悪い事もありますねー。

私など、良い事ばかりを思い出す、脳天気、で、
でも、時々はグッと、落ち込むときもあるのです。

それはそれ、、その内に夢の向こうですから、、と、思う事にしております。

◆No title

>フゥーさん

お返事が遅くなりました。
フゥーさんのブログはいつも優しさに溢れているように思います。
きっと根っから優しいお方なのでしょうね。

確かに楽しいこともありました。
何とかここまで来ましたが自分でもよく頑張ったと自負しています。
「東郷」 が心の支えになっていることも事実です。
ありがとうございました。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR