ぴーこのあれこれ

同じバッグ

未分類

駅のトイレで洋式を待っていたら、出てきた私と同じくらいのお婆ちゃん。
ふと見ると私と同じようなバッグを持っている。思わず「あら、同じバッグみたい・・・」
と発してしまった。すると彼女も気が付いたようで「あら、同じですね。色違いだわ。
わたしは地元のOOで買ったのですよ」と言う。「私は娘に送ってもらったの。千葉に居るんです」
ここでひとしきりお喋りする。バッグは黒の本体に茶色の部品がわたし。彼女のは茶色の本体に
白の部品だった。こんなこともあるのね。以前同じようなジャケットを着た人を見かけたことがあるわ。

春先は着るものに迷う。買いに行くのも面倒だし持って帰るのも大変なので、つい同じような
洋服ばかり着ている。今日は久しぶりにお喋り会だった。4人それぞれの服装、
体感が違うのね。ほんと悩んでしまうわ。お婆ちゃんなんか誰も見てないのにね。
気にしているのは自分だけ、なんてね。お喋りの殆どは食べ物の話。罪がないわね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆こんばんは〜〜

今日は、記事にぴーこさんのことを少し、書かせていただきました。
すみません。
私は、ぴーこさんにかなり、影響を受けておりまして、ありがたいことだと思っています。

昨日の整骨院さんといい、
今日の偶然によるお喋りといい。
そしてそして、食べる話題で弾む。?

ほんとうにぴーこさんは、心溌剌でいらっしゃる。
そここそ、肖りたいなぁと思っています。^^

◆基本

気温に天気、食べ物の話!

良いですよ。なにせ、基本ですから、
こればかりは飽きたとか、もうイヤ! と、言うわけにもまいりませんから、

まずはソコから入って、さあ、次は、、どんな話?
顔かたちは違っても、同じ思いは、沢山あるのでしょうから、

そんな時間を過ごして、、逢う前よりもズッと理解デキル相手なのでしょう。
お出かけ、楽しいですね。

◆No title

>窓さん

おはようございます。
恐れ入ります。悪影響がなければ宜しいのですが。
私のスタンスとして出来ることを出来るときに楽しみたいと思います。
そんな意識でいますと日常のすべてが面白く感じられるのです。
でも時々落ち込みますが。
会話も人によりそれぞれですし、何かしら得るところがあって
納得できます。今日はどんな一日になるのでしょうか。

◆No title

>フゥーさん

ありがとうございます。
この歳になると新しい体験も経験もなくなるので日常の話ばかりです。
でもたまには顔を合わせて安否確認です。
一人ではお喋りできませんものね。

Aさんが言っていました。美味しいものを食べて死にたい・・・と。
思い出ばなしにも花が咲きました。きっと楽しかったことばかりが思い出されるのでしょうね。

◆No title

同じバッグは滅多にあったことはありません。
服はスーパーで買うと時々ね(^-^;

だから出来るだけ重ね着ルックになるようにしています。

この間の旅行では、知らない人とのお喋りで面白かったですよ。
特殊な旅行だったので愛国話で盛り上がりました(^^)/

◆No title

>のん子さん

ですよね。お名前はないけれど文章から判断しました。
バッグは小型でお婆ちゃんにちょうどいい大きさなのです。
でもびっくりしました。

今回はとても有意義な旅行でしたのね。私も行けるものなら
行きたかったです。国会など行ったことありません。
知らない人とのおしゃべり、さぞかし楽しかったことでしょう!
羨ましいこと!

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR