ぴーこのあれこれ

Sさんとお食事

未分類

先日電話のあったSさんと木曽路で食事してきた。学生時代からおっとりした人だったけれど、
いまも変わっていなかった。同じ市内に住みながら会ったのは何年ぶりだろうか。
彼女は7年前に夫を亡くし、一人娘と同居していると言う。40代半ば、独身のようだ。
けっこう恵まれた生活だったようだが、華やかさはなかった。趣味で中国語を勉強中という。
あとは木目込み人形、お料理だそうだ。

自分で言うのもおかしいけれど私の方が行動力があるみたい。同じ時間でも人それぞれ
時間の使い方が人生だものね。あとは病気の話。彼女は杖をついていないし特別の病気は
ないようだ。最後に満足度を聞いてみた。80%だそうだ。私もそのくらいかな。
高齢になるとほとんどの人が自分の人生を肯定するらしい。否定したら悔しいものね。
これからも元気でまた会いましょうと約束してさよならしたのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆満足度

まったく足りないという人もあれば、十分良く生きたという人もあり、
ソレゾレに、できる事は頑張って来たハズで、

これはきっと、過去の採点ではなくて、現在の心の置き具合が原因かもしれません。

同じ人生でも、振り返る時期に寄って、点数も変わるのでしょう。
そんな風に感じたら、、これから先の、、自分の採点も、、何だか楽しみな様です。

◆No title

>フゥーさん

そうですね。確かにその時々で点数も変わってきますね。
わたしも40代は最悪で50%くらいと思っていました。
あれからいくらか安定した日々を取り戻し、いまは80%くらいと言えるようになったのです。
もう先は短いので多くは望めませんが、最後に「あぁ、面白かった」と
言いたいです。多分言えると思います?
戦った! 面白かった! でしょうか。

◆No title

続けてお友達と再会があったのですね。
性格は大人になっても高齢者になっても変わりませんね。
イラチの私は少しコレを押さえることが出来ていますが。

長く生きて来て振り返った時に「幸せだった」と言える人が何人居るでしょうか。
「後良しの法則」で今が幸せならば「幸せだった」と言うでしょうね。
コレ勘違いです。私は振り返りたくない諸々を抱えて生きて来ました。
だからこそ今を大切に生きて行きたいと考えては居ますが・・・・?

今年77歳になりますが満足度は20%位しかありません。
80%は素晴らしい事です。
ぴーこさんは失礼ですがお年の割には行動力もありとてもお元気です。

◆No title

>あざみさん

ここまで生きてくると友人も老いてなかなか会えません。
木曽路は今年初めてでしたが、久しぶりに美味しかったです。
わたしも離婚を考えるほど辛い時期がありましたが、何とか踏ん張って
この歳まで生きてきました。
あざみさんも振り返りたくない過去がおありなのですね。
わたしは「東郷」に出会ったことで救われました。心から感謝しています。

77歳、喜寿ですね。おめでたい歳ですね。充分にお楽しみください。
大幅に%が上がりますように・・・。
わたしは性格もあると思うのですが、じっとしていられないのです。

◆No title

私は幸せ度…何パーセントがつけられるでしょうか
是非…いつか、80パーセントと言ってみたいです…☝(๑’ᴗ’๑)~♪
今日久しぶりに朝市に行ったら、巡って歩いてる方々がグッと年代層が高くて、高齢化が一層進んでいるように思えました
年取ったなんて引き籠っても居られませんね~ᕕ(→ܫ←)ᕗ⁾⁾頑張ろう!
と、思いました…ღ'ᴗ'ღ

◆No title

>timeさん

どんな人でも生きていくうえで様々なことがありますね。
それをどう捕えるかどう対処するかほんと難しいです。わたしも離婚を考えるほど苦しい時期がありました。いま自分なりに判断して80%と言っていますが、高齢になると割に自分を肯定するようです。
友達の何人かは90%と言う人もいるのです。
街中や駅周辺を歩いている高齢者の多くは杖を付いていますが元気ですよね。
timeさんはまだまだお若いです。大いに行動してお楽しみください!
こんなに高齢者が多くなってこれからの社会はどうなるのでしょう?

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR