ぴーこのあれこれ

9月最後の日

未分類

なんて仰々しいタイトルにしてしまったけれど今日も面白かった。
久し振りに地元の商業施設に出かけた。ジャケットでも買おうかなと思ったのだ。
もともと買い物は好きじゃないけど、老い先も短いし急に買いたくなったのだ。
まぁ、適当なのがあって即購入した。そのあとレストランである。

ここで思いがけない人に出会った。もと公民館の文章教室の仲間Bさんだった。
まだ教室は続いているという。「書かなくてもいいから是非いらしてください。
みな喜ぶと思いますよ」と言った。そして日時を教えてくれた。わたしは6年まえ
ちょっと思うところがあって辞めたのだった。でも残り少なくなった日々、何か新しい
発見があるかもしれない。メンバーも知らない人もいるだろう。行ってみようかな。
ダメでもともとじゃないの。また好奇心が湧いてきた。9月も終わった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆やはり

お出かけには沢山のチャンス!!

懐かしい人に会うのも、、出かけたコトがきっかけです。
良いですねー!

また、新しいお友達も、、
やっぱり、ぴーこさんは元気に ” お外 ” がお似合いですよ。

◆No title

>ウーさん

はい。やはり出かけてこそ思いがけない出会いがあるのですものね。
ほんと昨日はびっくりでしたし、なんだか楽しみになってきました。
今月もけっこう予定があって忙しくなりそうです。

◆No title

それは良かったですね!
是非、お出かけ下さい。

文章教室のお友達って才能がありそうな方が多そうで、憧れます。
老人会では掘り下げた話の出来る人が少なくて物足りなくて・・・

ネットの友達との会話の方が面白いです(^^)/

◆No title

>のん子さん

文章教室は「梅の会」というのですが、まだ続いているとは驚きでした。
新人さん? 男性の会員もいらっしゃるようで話を聞くだけでも
面白そうです。
私がいたころは女性の講師がいらしてかなり盛り上がりました。
その方が辞めてから私も止めたのでした。講師に憧れるってありますよね。

そちらでは文章教室ってないのですか?

◆是非~~~♪

ぴーこさん、こんにちは~~~♪

文章教室がどんなふうか、知りませんけれど、書くことがお好きなぴーこさんに、ならではのお誘いのような気がしました。

昨晩で、例の佐藤愛子さんの本を読み終えました。
本というか、箴言集なので、拾い読みも勿論、できます。

そこにあった、一文を思い出します。
年よりと若者の違いは、人生を長くいきていること、ですって。
そして、そこからの生きる知恵を、社会のために使うことが、生き甲斐でもあるの、っていう一文です。

お誘いされた方は、ぴーこさんが、そんな存在たるようにお感じになられたのかもしれませんね。

◆No title

>窓さん

こんにちは。涼しくなりましたね。
この教室には以前参加していたのですが、会員が書いてきた文章を
講師が添削するというものでした。みな違うことを書いてきますから面白かったですよ。せっかく誘ってくださったのでまた行ってみようと思っています。
感想ありがとうございました。そうですね。高齢者は長く生きてきたこと、時代の差もあるでしょうね。佐藤さんの言いたいこと分かるような気がします。

◆管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

◆No title

>00さん

了解いたしました。
ご丁寧にありがとうございました。

◆No title

文章教室なんて面白そうですね~♥♬
文法なんかを習うんですか?
夫を亡くしてから気持ちが終わってしまっていました…が
最近何かやりたいかなあ~など思うようになりました
“何か新しい発見があるかも知れない…”と言うぴーこさんの好奇心に触発されます
気候も良くなるし…前向きに…ですよね~♥

◆No title

>timeさん

もう10月ですね。やはり涼しくなると何かやってみたいと思いますよね。
文章教室は会員の文章を講師がアドバイスしたり添削したりしていました。いまはどうか分かりませんが、何か新しい発見でもあればと期待しています。
お淋しいでしょうがtimeさんも何か初めてごらんになってはいかがですか?
わたし、いつもダメで元々って思いうのです。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR