ぴーこのあれこれ

居場所

未分類

寝たきりのSさんから昨夜電話があった。10日に一度は必ず電話がある。
「4日も家に居たら歩き方を忘れそうになったわ」 「わたしは、もう2年半寝たきりなのよ。
歩き方も忘れたわ。でも仕方ないの。私の居場所だから・・・」
返す言葉がなかった。いつも元気な声で楽しい会話のできる人だけど、彼女の心情に触れた思いがした。
居場所とは、心も体も解放してさらけ出せる場所でしょ? でも「居場所がない」と言う人も
多数いるのが現状のようだ。

彼女の辛さ苦しみは計り知れない。わたしは出来るだけ楽しい会話をしようと努める。
彼女ちゃんと心得ていて30分で切り上げる。そして「今日も相手してくださってありがとう・・・」と言うのだ。
元気な時からのお付き合いだけど、どこまで気遣いの出来る人なのだろう。
「大丈夫よ。生かされているのだもの。頑張りましょう・・・」って私が励まされてしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆人間ができていない

不完全な私には、涙なくしては読めない記事でした。
あるがままを、ジタバタされずに受けいれられて、
そしてそこを居場所だと言い切る潔ささえ感じます。

素晴らしいご友人ですね。

◆強さ

そんなに強くは成れないでしょう。

せめての、強いフリ、

でも、それは口には出せないのです。
だって、みんな同じだから、

みんな同じと納得して、仲間への思いやり、
出来る人は素晴らしいですね。

素晴らしい人が近くにイルのは、素敵なことです。
明日も、素敵な人生に、なりますように、、

ぴーこさんの優しさ、心遣いがうれしいのですね。
Sさんも、素敵なお友達ですね。

◆居場所

居場所のあるなし。

昨年9月から今年5月まで、事情があって「老人ホーム」に入っていました。
私は6階。
介護はほんの少し。日常の行動は自分で出来る。
毎日注射が必要だとか、入浴は背中など洗って貰う。
その程度。そんなな方々。
私は急な腹痛時にお医者呼ぶないしは、病院へ連れってもらう。
3人と仲良くなりました。93歳と89歳と76歳。

皆それぞれに、社会の第一線で働いて、施設で暮らせるほどに、
資産を造った人達です。

大きなお屋敷を今も残している。
一人は自分の住居は始末したが、息子には大きな住まいを造らせて、
大方は自分のお金を使って、
息子は新居に相応に広い部屋を用意してくれた。

>居場所とは、心も体も解放してさらけ出せる場所でしょ<

帰れる場所はありそうで、施設が一番くつろげる。
昼寝も自由。TVで大相撲に夢中。何れも自由。
お医者には診て貰えないような便秘とか、
難病の再発が心配される人もいますが、
今は自己管理。
予約と車いす出すなど施設施設に頼んで置けば、
施設がやってくれる。
これらは介護というより支援と呼ぶそうです。

お正月家に帰っても3日が限度。
施設が自分の居場所だと言っていました。
私は家が近いこともあり、再々自宅へ帰り、食事していました。

お腹の痛みが、原因不明ながら窮余の処方が効いて、
家に帰ってきました。

私はまだまだ覚悟が足りぬ。
居場所を確り考えないといけないと感じています。
まだまだ、贅沢。P。

◆No title

>窓さん

彼女は74歳、夫は亡くなり子供は居ません。どうしてあんなに強くなれるのでしょう。見習わなければです。
彼女の潔さに脱帽です。久しく聞いたことがない居場所と言う言葉に
自分の甘さを思い知らされました。

◆No title

>ウーさん

わたしにはフリとは思えません。
覚悟して居場所と受け入れているSさんの強さを尊敬します。
私だったらジタバタして鬱になっているかもしれません。

これからもSさんの電話を真摯に受け止めようと思っています。
そんな彼女なのでヘルパーさんや介護士さんも優しく接してくださるそうです。

◆No title

>ijinさん

人生の最後はそれぞれの居場所が異なるのですね。
資産を造って施設に入居できる人は人はお幸せですね。
でもそんな方たちは多くはないでしょう。私など入居できそうもありません。

先日も友人と話したのですが、何処で最後を迎えるか、彼女は住み慣れた自宅が良いと言いました。でもわたしはできれば施設で、と考えています。
老いも正念場です。早く安心して余生を過ごせる居場所が欲しいですが、
こればかりはどうなるか見当もつきません。
お体お大切にお過ごしください。

◆2年半も?

お辛いでしょうに、気配りのできる方ですね。
なかなかそれができる方は少ないと思います。
尊敬致します。お手本にしなければ。
ぴーこさんとの会話でお辛いことも寝たきりもしばし忘れられたことでしょう。
お元気な時からのお付き合いだからこそ、
お電話なさって来られるのですね。
当たり前すぎて「居場所」考えたことありませんが、
何かに出会ったとき考えるのかもしれません。

◆管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

◆No title

>Reiさん

Sさんは実に気丈で潔い人です。覚悟して居場所と言い切る彼女に
脱帽です。大分出身で、わたしは長崎なので九州の話でも
盛り上がります。カラッとしててくよくよしません。

でも私だっらきっと死にたくなっているかもしれません。
これからも楽しい話題を見つけて彼女を支えたいと思います。
居場所、わたしも考えたことありませんでした。

◆No title

私は根がノーテンキなのか、自宅だけが居場所になっても、それなりに楽しみを見つけると思います。
大体がお家、大好き人間ですしね。

(亡)母は施設で亡くなったのですが、私には合っていないと思いました(先ず経済的に無理なのですが^^)
今、市では在宅介護に力を入れています。

でも寝たきりは辛いかもですが、テレビを観たり本を読んだり、電話でお話しが出来るのでしょ。
出来るだけ楽しい話をしてあげて下さいね。

◆No title

>ウーさん

ありがとうございます。
もともと強かったら強くなろうとは思わないでしょうね。
強くなりたいから努力する、そうかもしれません。
でもSさんの強さは天性のものだと思うのです。わたしなどいくら覚悟してもあんなに
平常心ではいられません。実は彼女、目もよくないのでテレビは殆ど
見ないそうです。もっぱらラジオだそうです。
そこで得た面白い話を聞かせてくれるのです。凄い人です。
30分、に「ありがとう」にも言葉がありません。

◆No title

>のん子さん

私も経済的に無理だと思うのですが施設の方が合っている様な気がします。
在宅ですと会う人も限られますし淋しいように思うのです。
人の姿がみえるだけでも気分的に元気になれそうに思います。
でもその時にならなければ分かりませんね。
私の居場所は結局どこになるのでしょう。

Sさんは悪性リンパ腫ですが、もう寝たきり2年半なのです。信じられません。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR