ぴーこのあれこれ

電車

未分類

5日振りに電車に乗った。この頃各停でも混んでいる。それも若い人たちが多い。
彼らを見ているとエネルギーを貰えるような気がするから不思議だ。
その一方、ここで地震に遭遇したら・・・などと思うと怖い気もするけれど、電車は私にとって
最高の癒しでもある。久しぶりにN駅のホームのベンチに座って環7を走る車列を眺め
走行する車の音を聞いた。お腹に響く心地よい音に時を忘れた。

熊本の地震に思いを馳せる。被災者の人たちの置かれた状況はさぞかし厳しいものだろう。
期限が限られれば耐えることも容易だろうが、いつとも知れぬ地震の恐怖は心身共に
相当なストレスだろうと思う。まして高齢者、幼児、小さな子供たちは体力がない分、より
厳しい環境だろうな。
救助隊の方たちのご苦労も計り知れない。頭が下がる思いだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆天候は大丈夫でしたか?

都会の雑踏が好きとおっしゃるぴーこさん、
走行する車の音にもロマンを感じ、
しばしその中に浸られたことでしょう。
大した用もなかったのですが、地下鉄駅前の
モスバーガーまでいき、お昼を食べました。
街中とはいえませんが、外の空気は気分を変えてくれます。

◆No title

>Reiさん

やはり外の空気はいいですよね。都心には行かれませんが車窓から
若葉を堪能し、若い人たちにエネルギーを貰いました。
この路線は私のためにあるのでは? なんて思うくらい心地いいです。
以前として強い地震が発生していますね。
のんびり電車に乗って申し訳ない気がします。

◆お手伝い

僅かですが、災害支援のお手伝い、、たったの二日でしたが、、
ヘトヘトで、、後は若い方達にバトン!

長くなりそうな復興支援です。
コチラもそのつもりで、、頑張る覚悟!

ノンビリ、気長にやらなければいけない様です。

まずは、お元気そうで、安心いたしました。

◆No title

>dowさん

災害支援、ご苦労様です。例えばどんな内容でしょうか?
お聞きしてみたくなりました。
これほどの大地震が九州で起こるなど思いもしませんでした。
被災者の方々も救助する方々も支援する方々も本当に大変ですね。
復興は相当かかるでしょうね。
何もできませんが、遠くから応援しています。

◆No title

ほんとに、最近は地震の話題ばかりです。
関西は南海トラフが必ず来ると言われていますので、戦々恐々ですよ。

取り合えずは何でも早い目、早い目に買っています(^^ゞ

◆No title

>のん子さん

この地震、いつまで続くのでしょう。どこで起こるか分からないから恐怖ですね。首都直下地震でも起きたらアウトです。

日々を楽しんで食料や日用品なども買い込んだ方が良いですね。
被災者の方たちは恐怖と不安で辛いでしょうね。

◆若者

元気な若者を目にするのは嬉しいですね。

勿論、我々だって ” ムカシ ” は、あんな風だったのです。
それに、先がいなければ、、アレも育たなかった訳で、、
少しは、我々にも手柄があるのです。

彼等のウシロから、見放さないで
見守る姿勢で頑張りましょう。

彼等とて、、間違う事もあるのですから、、
元気なジイサン、バアサンの役目、、やりましょうね。

◆No title

>dowさん

元気な若者たちを見て、まだまだ日本は大丈夫なんて思っています。
あの大きな体でどんな仕事をしているのだろうとか、興味が湧きます。
高校生もどんな職業につくのだろう、なんて勝手に思って楽しんでいます。
だって、お年寄りたちは居眠りしている人も多いのですよ。
勿体ない。顔を上げて空を見たらって思います。

◆No title

今回の地震がは度重なる余震で倒壊力を増大にしました。
最初の一回だけなら随分沢山の命や家屋の倒壊を救えたのです。
異常に続く余震はどれだけの恐怖だったでしょうね。

電車に乗って急激に緑が眩しくなった景色を眺めながら電車に
身をゆだねて、良い癒しですね。駅のホームにも行きかう人の流れや
電車を見ているだけでも楽しい、何だか分かるような気がします。

◆No title

>あざみさん

予期せぬ地震、それもいつ終わるともしれない地震に被災者の方々は
どんなに辛いでしょう。高齢者や小さい子供たちの体力も心配ですね。
明日は雨とか、また被害が増えないことを祈ります。

明日は雨と言うので今日も電車に乗ってきました。ただ乗っているだけで
社会を垣間見た気分になり楽しいです。それぞれの人生、みな何かを背負っているんだなぁ・・・と。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR