ぴーこのあれこれ

2月20日

未分類

今日は天気も悪かったので家にいた。9時半ごろ寝たきりのSさんから電話があった。
彼女は自分をしっかり把握していて、いつも感心する。私の仕事だから{寝ていることが}仕方ないのよ、と
日常を楽しんでいるような気さへする。ヘルパーさん、医師や看護師さん、介護士さんが入れ代わり立ち代わり
訪れるので退屈している暇がないと言っていた。

2時ごろ、抗がん剤でトイレが近いと言うBさんからファックスが届いた。夕方電話してみた。
わたしも別の意味でトイレが近いので話が合う。こんな話をするようになるなんてね、と
笑い合った。お互い現状を認め合い励まし合う歳になったのね。これこそ真の友達だと思う。

BSプレミアムで「100年インタビュー」 (再}を見た。シンガーソングライターの長淵剛氏。
鹿児島出身の表現者としての熱き魂、ほとばしる情熱が胸に響いた。わたし、いいお婆ちゃん
なのにどうしてこうも血が騒ぐのだろう。わたしも九州出身だからだろうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆同じ体験

楽しい時だけでなく、辛い話まで 話せる仲間は、素晴らしい財産だと思います。

長く付き合えば、時にすれ違う人の気持ち、それを乗り越えてきたのは、
特別な何かがあったのでしょう。
そんなお友達とのおしゃべり、、トイレの話でも、、楽しそうです。
ステキな仲間、大切にしたいですね。

◆No title

>dowさん

これまでも沢山の友人と出会いましたが、Sさんとは10年くらい、
Bさんとは20年くらいのお付き合いになります。
やはり何でも話せる友人は限られてきますね。

でも気軽に声を掛け合えるって有りがたいです。
これからも大事にしていこうと思います。

◆お友達

何でも話し合えるお友達がいらしていいですね。
心通じるお友達は何物にも代えがたいと思います。
Sさん、達観されておられ尊敬に値する方ですね。
私はきっとそうはいかないと思います。

長淵剛さんもぴーこさんも九州でしたのね。
九州男児は熱いと聞きますが、女性はどうなのでしょう?

◆No title

ぴーこさんは聞き上手なのですね。
だからSさんもBさんもどんなことでも話せるのですよね。
弱みはあまり見せたくないのが人間ですがこうしてトイレのお話まで
出来る気楽さが本当の友でしょうね。

何かで読みました。
入院すると一度は友人はお見舞いに来ます。
あと二度、三度来てくれる友が何人いますか。だって。
高齢で一概に言えないと思いますが、二度、三度来てくれたり電話などで
心配してくれる友が真の友人だと。
ぴーこさんは何にもいらして淋しくないですね。

◆No title

>Reiさん

長くお付き合いできる友達は限られてきますね。大切にしたいと思います。
Sさんは4歳年下なのですが、ほんとにしっかり自分を見つめていて
尊敬に値します。

義妹にいつも言われます。お姉さまはマグマみたいだと。
両親は長崎出身でとても熱いハートを持っていました。
きっと女性も熱いのでしょう。

◆No title

>あざみさん

私もいろいろ心身ともに弱いところがありますので、なるべく聞き上手になろうと思っています。だって話してくれると嬉しいですものね。
Bさんとは紙パンツの話までして大笑いしました。いよいよここまで来たのねと。

お見舞いの件、そうかもしれませんね。わたしは3回入院しましたが、
若かったし短期間でしたから2度はなかったと思います。
これからはお互い高齢者ですから期待はできないでしょうね。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR