ぴーこのあれこれ

あれこれ

未分類

晴天に誘われ電車に乗った。お馴染みの私鉄N駅ホームの椅子に座っていたら
隣に同じ年代かなと思われるおじいちゃんが座った。そして「風が強いですね」と声をかけてきた。
会話が始まった。おじいちゃんは高校の孫息子の文化祭に行ってきた、と言った。
わたしが、「このホームは大好きでよく途中下車するのですよ。環七を走る車を見て音を聞いていると
落ち着くのです」と話したら、「それは珍しいですね。初めて聞きました」とびっくりしていた。
私にとっては解放感があって最高の癒しなのよね。
10分ほどだっただろうか。穏やかな優しそうなおじいちゃんだった。

新・映像の世紀を見た。「100年の悲劇はここからはじまった」と題し、約3800万人が犠牲になった
第一次世界大戦を取り上げていたが、映像を通して歴史の現実を思い知らされた。
過ちの多い人間の物語がありありと伝わってきた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆No title

アハハハ、、、、。
お爺さん、目をパチクリしてませんでしたか?
お爺さんの価値観から離れすぎてるから。
都会の喧騒が心を癒すなんて、人生で一度も思ったことないんでしょう。

戦争、絶対反対です。
人類が始まって以来、人は自分の命を、子孫を残すため、戦ってきたのね。DNAのせい。
反対しても、だめでしょう!
戦死なさった無数の御霊へ祈りを捧げるのみです。

◆No title

>やまあらしさん

アハハハハ・・・ほんと信じられないというお顔でした。
友達も理解してくれる人はいません。みな、静かなほうが良いと言います。
家にぼーっとしているよりも刺激があって、ずーっといいと思うのですが。

本当に映像から言葉にならない衝撃を受けました。
人類とは戦争の歴史ですね。戦場カメラマンという仕事?
に武者震いしました。永遠に戦争は続くのでしょうね。

◆No title

私もどちらかと言えば静かな場所の方が好きですが
電車の窓から見る景色はすきです。
ひとり旅で知らぬ土地の景色を眺めるって好きです。飽きません。

NHK私も見ました。むごたらしい映像でしたね。国の為と言いながら
死して虫けらのような扱いされ親御さんが見たらどんなでしょう。
兵隊さんも民間人も悲しい戦争でしたね。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR