ぴーこのあれこれ

義妹と

未分類

2年ぶりに義妹と新宿のホテルで食事した。
駅前のたたずまい、JRの大ガード、まさに副都心新宿の風景に興奮してしまったわ。
いいなぁ! ロータリーにたむろする若者の群れ、行き交う人々、絶え間ない車列、
私の一番好きな風景じゃないの。佇んでいるだけで元気を貰えたわ。
やっぱり私の元気の源は都心の雑踏だと確信した。いい歳してワクワクしてしまった。
何かが始まりそう・・・なんてね。

ランチは25階のレストラン、また眺望が抜群なのよ。義妹との会話も盛り上がり食事も美味しかった。
義妹曰く。「お姉さまの積極性に今更ながら見直したわ」だそうだ。彼女は70歳、まだまだ若いわ。
このレストランも色んな人と来たなぁ・・・なんて感慨深くて懐かしかった。
秋の一日、思い出がひとつ増えました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆No title

都会の申し子って、ぴーこさんのような、お人を指すんですね。
若い時から、都会の喧騒に、どっぷり浸かってたんですね。
ぴーこさんにとって、子守唄であり、B G Mなんだ。

私は、カラスの声、虫の音、川のせせらぎが、落ちつく。
人、夫々ですね。
都会には住めません。
ぴーこさんはまだまだ、行動力に満ちてるんだ。
都心のホテルでランチなんて、もう、あり得ない。

足元に気をつけて、都会を闊歩してください。

◆No title

>やまあらしさん

久しぶりに新宿の喧騒に触れて魂が揺さぶられるようでした。
お婆ちゃんなのに可笑しいですね。自分でもそう思いますが
ワクワクするのですもの。
義妹にも言われました。ざわめきが好きって珍しいですね・・・と。
ふつうは、やまあらしさんのように静かで自然の音が好まれるのかもしれません。もっとも私も自然の音は大好きですしたまにはいいと思いますが、どうしても都心へ足が向いてしまうのです。
体力もないくせに笑っちゃいます。

◆No title

生活するのは都会の方が良いですね。

ほっとするのは自然の風景です。
山や川、田園風景が好きです。
バス旅行等へ行くと森林や田畑って多いのでビックリします。

そんな所はガイドさんの案内もないのですが、私は見続けてしまいます(^^ゞ

◆No title

>のん子さん

体力に反比例して都心の風景に癒されます。
わたしも地方の自然の風景にも癒されます。熊本の阿蘇の雄大な風景に圧倒されました。
残り少ない人生ですから、自分なりの楽しみを追求したいです。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR