ぴーこのあれこれ

増上寺 

未分類

今朝、うとうとしていてふと増上寺が浮かんだ。
直近では2年まえの4月8日、花祭りに出かけたのだった。まだ杖ではなかったのでカメラ
持参だった。さくらは丁度花吹雪・・・・お寺に桜はよく似合う。善男善女で混雑していた。
行っておいてよかったわ。もう出かけられそうもない。

12年前、増上寺で弟の葬儀があった。社葬だった。仕事で酒とたばこに蝕まれ喉頭がんだった。
61歳、早すぎる。どんなに無念だったことかと今でも思う。
葬儀の日、89歳だった母と同行した。母は杖も突かず気丈に振舞っていたが心中どんな思いだっただろう。
東京タワーをバックにいつ行ってもすてきな景観を見せてくれる増上寺、四季折々何度訪れたことだろう。
大江戸線、大門駅で下車。懐かしい街並みが浮かんでくるわ。今も活気に溢れているだろうな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆増上寺

早すぎる死にご親族はご無念だったことでしょう。
弟様のご冥福祈ります。

立派な格式あるお寺でのご葬儀だったのですね。

お参りしたことはありませんが、先年東京タワーに上ったとき、
恐れ多くも高いところから拝見しました。
確か徳川家の菩提寺でもあるのでしたね。

◆芝 増上寺ですか 懐かしい

 四十数年前、学卒後しばらく東京で暮らした。学生の頃も、その後でも、何回か増上寺のそばを通ったことがある。

 まだ若かりし頃なので、お寺には全く関心がなく、お参りは一度もしなかった。大きなお寺だったという記憶以外にはない。

 それでも、有名なお寺なので、名前は鮮明に覚えている。
調べてみたら、浄土宗大本山。徳川の墓所でもあるんですね。

 そこで葬儀を行ったという事は、ぴーこさんは徳川の末えいですか。ご立派なご身分で、ジャコなど百姓は口を聞くのも恐れ多いのでは・・・・・と。

◆No title

>Reiさん

ありがとうございます。
4人姉弟ですが、いまは弟2人です。
増上寺は徳川家の墓所であり格式の高いお寺のようですね。
当時はそんなことと知らず、弟の葬儀で存在を認識しました。
東京タワーとも相まって、観光名所になっているようです。
四季折々の景観に感動します。

◆No title

>ジャコさん

末裔なんてとんでもありません。
両親は長崎出身です。教育熱心で特に弟たちには厳しかったようです。
亡くなった弟は長男で出光興産の監査役でした。
なので増上寺だったのでしょう。

ジャコさんもお若いころ東京にいらしたのですね。
わたし、歴史が大好きなので、元気だったらカメラを持って寺社仏閣を参拝したかったです。もうできなくなりました

◆No title

早すぎる死。弟さまは、どんなに無念でしたでしょう。
母上様のご心中を思って、世の無情をつくずく感じます。

身内の死は問答無用に哀しい。
生きていくいじょう、必ずついてきます。
親より早く、逝ってしまうのが、やり切れない。

人は逝くんですね。
ぴーこさんのブログで、思いだしました、、、、、。

合掌

◆No title

>やまあらしさん


お悔み ありがとうございます。
弟は誰にでも優しく接する人でした。さぞかし無念だったことでしょう。
母は気丈な人でしたので、あまり愚痴など聞いたことありません。
心の中で葛藤していたかもしれません。

歳を重ねるにつれ、いつか訪れる日を意識するようになりました。
今日を切に生きようと思います。とか言いながら、無駄に時間が流れたりしています。

◆花は過ぎても

桜の頃は、季節も落ち着きません。
体調も合わせて時折の不調。

5月も連休を過ぎたあたり、、お出かけになってはいかがでしょうか?
身体も落ち着いて、、まだ、それほどの暑さも無いでしょうから、、
緑の葉も、とりどりの色がありますから、きっと楽しめますよ。

さあ、それまでにお体の調子、整えて、、

◆95(迷ったらやる)

これは、、響きました。
2つから選ぶぐらいならまだしも、3つ、、4つ、、
いや、やるかやらないかでさえ迷う私、
自分ひとりの事だけでは終わらない(男の子の責任)
ところが、カミさんはアッサリしたもので、、「やれば!!」

どうやら、比べれば女性の度胸、、優れておりますようで、、
しかし、女性同士となれば、、コレはムツカシイ。
どちらが引く?か、、
先に引かれたぴーこさん、ご立派に見えました。

(東郷にも投稿されていたのですねー、、スゴイです)

◆No title

逆縁って言うんですか、子どもの方が先にって結構あるみたいです。
私の親友の娘さんは交通事故で。
立ち直るまで大分かかったようです。

知人の娘さんはお孫さんを残して。
そのお孫さんはお婿さんの方に引き取られたそうで、いろいろ葛藤があったみたいです。

増上寺、タクシーで行かれたらどうですか?(^^)

◆No title

>dowさん

お読みいただいているのですね。ありがとうございます。
迷ったらやる・・・・なんて言ってますが、最近は元気がなくなりました。
まぁ、いいかな、なんてスルーすることもあります。
「東郷」はいまも続いています。2か月に一度なのですが、テーマを探すのが大変です。やはりそれなりのことを書かなくては、と思いますので。

そうですね。葉桜から新緑へ、あっという間ですね。
日比谷公園や芝離宮恩賜庭園もお気に入りで、四季折々に楽しんでおりました。ないまぜの音と、首都高の車列、新幹線の走行、どれも魅了されます。杖では自信がなくてなかなか出かけられません。

◆No title

>のん子さん

人生いろいろですね。
友人にも62歳の娘さんを癌で亡くされた人がいます。
彼女は元気ですが、たまには愚痴ることもありますね。
最近は病や事故で何が起こるか分かりませんね。

タクシーで行ってもいいのですが、けっこう距離がありますし、降りたら歩かなければならないし迷うところです。

◆92(バナナ)

重なる年輪のカオリ。
素晴らしいと云える人生に達する為の時間。
ジックリと正面から向かって行く姿勢も共感いたしました。

いつかは、目指してゆこう、道標であります。

◆No title

>dowさん

恐れ入ります。いつもありがとございます。
わたしは思うままを書いているだけですが、書くことが面白くて
たまりません。
dowさんは、まだまだお若いです。これからも大いに人生を
お楽しみください。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR