ぴーこのあれこれ

思い出

未分類

土曜日、テレ朝「旅サラダ」で城崎温泉を旅していた。
懐かしいわ。10年ほど前、仲良し4人でこの近辺を旅した。
天橋立、伊根の舟屋、観光船に乗ったが深い何処までも深い海の色に魅了された。
城崎温泉にも泊まった。映像で見る風景は変わっていなかった。
赤鬼の置物が玄関に飾ってある。当時が思い出される。

帰りは京都に立ち寄った。何度も来ているけれど全ての寺社を拝観するなんて
とても出来ない。もっと時間があったらなぁ! 「足るを知る」といってもまだまだ未練があるわ。
たまには断片的な思い出を辿るのも悪くない。
だって、老いは過去を語る・・・と言うじゃない。多いに語りましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆No title

私も時々、旅行で行った所をテレビで観ることがあって、そうそう、そこ~とかで面白いです。
観光地は余り、変わっていないことの方が多いような気がします。

京都の神社は多いですよ。
うちからは割と近いのですが、全部は観ていないと思います。

◆No title

>のん子さん

このごろ家にいることが多くなったので、つい旅番組を見てしまいます。
あれこれ懐かしくて夢中になってしまいますが、ほんと楽しいです。
京都は何度も行きましたが、もう行けそうにありません。
せいぜいテレビで楽しもうと思います。そうそう奈良の寺社も
歴史があって見応えがありますね。

◆No title

想い出が沢山あるってことは、幸せなことです。
ぴーこさんも、のん子さんも、想い出を、反芻できて、良かった。
わたしも、おなじです。
眠りにはいる時、幼児の私を追いかけたり、奈良の石舞台が出てきたり、
不思議な脳の遊びに付き合ってます。
想い出に浸るのは老人の特権ですよ。
寝たきりにちかい友は何時間でも浸れるそうです。
愉しいそうです。
私が忘れたことを、詳しく再現してくれます。
やはり、宝物です。

◆No title

>やまあらしさん

最近、特に思い出に浸ることが多くなりました。
歳をとった証拠ですね。眠れないときなど走馬灯のように思い出が駆け巡ります。もう一度、なんて思っても空しいばかり、悲しくなることもあります。
やまあらしさんの思い出もお聞きしたいわ。ブログに書いてくださいませ。
寝たきりの人も、きっと思い出が駆け巡っているのでしょうね。

◆想い出

その人の幸せ度は思い出の数にあると読んだことがあります。

「若者は未来を語り、老人は過去を語る」
何と言われようと幸せな思いでをたくさん持っていることへ感謝しましょう。

文人の好んだ城崎温泉、情緒ある温泉でしょう?
名古屋から比較的近いですのに行ったことありません。

◆No title

>Reiさん

今日も寒かったですね。
幸せは思い出の数なのですね。知りませんでした。ありがとうございます。
最近、記憶の中にある思い出を書き出してみようとノートを買ったところです。
出会った人、旅行に行った友達、出かけたところ、コンサートや美術館など、思い出すままに記入してみようと思っています。人それぞれ、面白いでしょうね。
城崎温泉は落ち着いた旅情を掻き立てられる温泉街でした。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR