ぴーこのあれこれ

ライバル意識?

未分類

ごく親しい友人Mさんと食事した。わたしが杖になってから始めて会った彼女は2歳年上、B型である。
そのことを書いた「順応性?」というエッセイをT神社に寄稿して載せていただいた。
そのエッセイを読んだ彼女。一言も発しなかった。
「このくらい私にも書けるわよ」という彼女の心の声を聞いたような気がした。

彼女は新聞に投稿して何度か採用されているが、ちょっと理屈っぽいなぁ・・・と、わたしは感じる。
「それを成し得る人のところへチャンスはやってくる。そのチャンスをキャッチするか否かだ」
というような文章をホリエモンの本で読んだ。
わたしはキャッチした。感謝している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆No title

ぴーこさん

嫉妬だと思います。

◆No title

>やまあらしさん

いつもは仲良しなのですが、何かと自分をアピールするのです。
でも楽しい思い出もたくさんありますし、いい友達です。

◆こんばんは。

文章を書くのは苦手です。
といっても、得意と言えるモノもないのですが( ̄ー ̄;アセアセ。

>そのチャンスをキャッチするか否かだ
良い事をおっしゃいますね。
ここまで生きてきて、キャッチし損なったことも多いのでしょうね。

◆No title

>kanmoさん

どうしてどうして写真も文章もステキですよ。楽しませて頂いています。

ホリエモンの「ゼロ」に書いてあったのです。こういう類の本は好きなのでよく読みます。
若いころからそんな姿勢で生きてきましたが、やはりキャッチするか否かで人生が
大きく変わりますよね。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR