ぴーこのあれこれ

熱中症?

未分類

昨日、起きたときから何かモヤモヤしていた。弟から電話があった。
「今日は元気がないね。いつもは大きな声なのに・・・」と言われてしまった。
やっぱり声のトーンで分かるのね。一日家に居たけどどうもはっきりしない。
それなのにお風呂に入ってしまった。熱が出て血圧も上がった。
必死で水を飲んだ。即トイレで、夜間は10回くらい行ったかもしれない。

そうそう普段は頭痛なんて感じないのに頭痛もした。こんな症状は始めてだった。
多分熱中症のなりかけ? だったんだわ。今朝はすっきりとは言えないけど、気分転換に
ロイヤルホストに出かけた。異空間に身を置いて思いつくまま書き散らす。
ストレス発散だわ。電車にも乗りたかったけど小雨が降っていたので断念する。
帰りのタクシーの行列を思って諦めた。
スポンサーサイト

テレクラデンセン

未分類

昨日は夫が先に外出した。だから私が ”テレクラデンセン”である。
以前も書いたような気がするけど、出かける際 テレビ、クーラー、電気、扇風機と
消し忘れがないか指差し確認をするのだ。それがいつの間にか ”テレクラデンセン”
と口をついて出るようになった。ちなみに冬季は ”テレストデン”である。
テレビ、ストーブ、電気である。炬燵はない。

物忘れが多くなったから相当気を遣う。まだボケていないと思うけど、そのうちに
認知になるかもしれない。
どちらが一人になっても先行き大変だわ。出かけるなら夫より先に出る方が楽だわ。
夫もそう思っているかもしれない。さっきも聞いた。「何時頃でかけるの?」
「10時ごろ・・・」と言った。 じゃ私早めに出ようっと!

日記

未分類

海の日とやら、家に居てもモヤモヤするので商業施設に出向き、コージーコーナーで
ビーフカレーの昼食。久し振りに美味しかった。友達も高齢となって即対応できないので
お一人さまである。でもお一人様のお婆ちゃん、おじいちゃんを多く見かけるようになった。
という訳で大した日常ではないのに日記を書いて60年以上が経過した。

どうせ読み返す暇はないのだから処分しようと思うけど体が付いて行かない。
何をするにも体力がなくなった。だったら書かなければいいのにと思うけど
何故か書かずにいられなくてここまで続いている。
きっと日記は私にとって人生のすべてなんだわ。つまらない日常でも私の時間
なのだもの。それにしてもよく書いてきたわね。悲喜こもごもの思い出をありがとう!かな。
昼食の後ちょっと電車に乗ってみたけど混んでいたわ。皆何処へ行くのだろう。
元気で行動できるうちが花ね。そのざわめきに浸って帰宅しました。

会話

未分類

体調もいくらか楽になりました。で、少し書いてみようと思います。
先日、内科医院へ行った帰りのタクシーでのこと。ドライバーさんにこう聞かれた。
「ここは評判が良いようですね。立川や小金井からも乗せてくることがあります。
迎車も多いんですよ」 「そうですね。結構患者さんが多いですね。3年前に開院
されて・・・週刊誌などにも掲載されて問い合わせが多いようです」

いろいろ話をしたあとでドライバーさんが言った。「以前、個人医院で痔の手術を
したんですよ。体調が戻らず病院を受診したら、どうしてここまで放っておいたんですか。
と言われて・・・。病院のほうが各科に対応してもらえていいですよね」
そうね。かかりつけ医と言ってもすべてを把握できる訳ではないものね。ちょっと聞きたい
ことがあっても思うような答えが返ってこなくて物足りないこともしばしば、難しいわね。

ダウン中です

未分類

書きたいことはあるのですが、昨日からダウン中です。
もう少し様子を見てみます。
宜しくお願いいたします。

握手

未分類

3か月ぶりに一番仲良しのFさんと吉祥寺のホテルで食事してきた。
テーブルに着くなり、彼女がさっと手を差し出した。えっ! と思ったけど私も差し出す。
「これからも元気でいましょうね・・・」と言って握手してしまった。びっくりしたけど嬉しかった。
人さまと握手したのは何時だったか覚えていない。そして彼女が言った。
「あなた、力が強いわね」 「そうかしら。特別力を入れたつもりはないけど・・・」と笑ってしまった。

彼女は6歳年上、「あなたとお付き合いしてもう30年近くね。別府や琵琶湖、山陰など旅行しておいてよかったわね」
と思い出話で盛り上がった。Fさんは現在ご主人が入院しており毎日病院へ行っているという。
楽な暮らしをさせてもらったから恩返ししなきゃ・・・と。そう言えるって幸せね。
お互い言いたいことを言い受け止める姿勢があるから仲良しなのね。有り難い存在だわ。
それにしても握手にはびっくりした。楽しいひと時でした。

昭和37年7月7日

未分類

考えてみたら、この日に郊外のこの街に越してきたんだわ。当時は私たち世代が
多く移り住み子供も多く賑やかだった。夏休みなどは行事も多く本当に楽しかった。
いまは子供世代は帰ることなく高齢の親が取り残されている。だから近くのアパートの
子供たちの声が懐かしい。子供の声を聞くと元気を貰えるわ。いいなぁ。
もう半世紀以上経ったけど、街は発展し生活するには最高の条件だと思う。
この地に越してきて良かったわ。

それまでは阿佐ヶ谷のアパートに夫と2年暮らした。当時共稼ぎの走りだったと思うけど
信濃町から都電に乗って狸穴にあった郵政省に通勤していた。東京タワーも建造中で
よく散歩に行ったわ。六本木辺り今は首都高が走りのんびりした昔の面影は
もうない。阿佐ヶ谷の銭湯と映画館、小さな食堂、商店街も懐かしいわ。

長電話

未分類

週1回の定期便、娘から電話があった。今日は整骨院へ行く予定だったが
お喋りが止まらず97分も喋ってしまった。とうとう午前の診療に間に合わず
断念した。午後から行くのはどうも気が進まない。予約じゃないからまぁ、いいかな。
何を喋ったのか取り留めもなく色んな話題で面白かったけど、さすが1時間以上は
疲れるわ。お互いトイレに行きたくなってやっと終わった。
娘は今夜、帝劇で「レ・ミゼラブル」の観劇だそうだ。3時間とか。
わたしは帝劇で「屋根の上のバイオリン弾き」を観た記憶がある。20年以上前だわ。

電話の後、家に居ようかなと思ったけれど運動不足になるので、電車に乗った。
この頃各停も混んでいる。冷房が効いているから座っていく人が増えたようだ。
取りあえず出れば、着替えも身体を動かすし、買い物もあるので無駄にはならない。
でもお金は使うわね。あれこれ日々が過ぎていく。女は幾つになっても忙しいわね、と
娘とも話した。お婆ちゃんの私でも毎日忙しいもの。今日も終わった。

荻窪へ

未分類

久し振りに荻窪へ行ってきた。急に思い出してお中元を贈るためだった。
地元の商店街もいいけど中央線は賑わいが違う。昔はここから信濃町や東京へ行っていたんだわ。
ルミネ館内は涼しいし安心して歩ける。月曜だったので比較的空いていたけど、高齢者、
杖を付いた人がのんびり楽しんでいるようだった。

久し振りにお気に入りの中村屋でビーフカレーの昼食、やっぱり美味しかった。
隣に杖を付いた高齢者が座った。同じくらいの年齢かな。言葉は交わさなかったけれど、
お互い顔を見合わせる。そんなお一人さまがちらほら。
お惣菜を少し買ってタクシーで帰宅。早過ぎたけど電車に乗る元気がなかった。
どうしても買い過ぎてしまうのよね。でもドライバーとのおしゃべりが楽しかった。
「お客さん元気だね」 70歳と言うドライバーが言った。「家にばかり居たら認知になるよ。
お客さんみたいに外へ出たほうが良いよ」 「はい。私は外派ですから・・・ブログも書いているのよ」
「じゃ認知になることはないね」家に着くまで喋っていた。これも収穫ね。楽しかった。

がん検診

未分類

娘ががん検診を受けたそうだ。乳がんと胃がんはもちろんOK.。
来週、子宮がんと大腸がんの検査を受けるらしい。
私はがん検診なんてほとんど意識したことなかったし一度も受けたこともない。
お陰様で知らぬが仏で生きてきた。母親ががんにならないのだから大丈夫でしょ。
とは言ったものの2人に一人ががんになる時代である。やはり早期発見のためにも
検査を受けたほうがいいのだろう。

高齢になって検査を受けるのはリスクを伴うこともあると聞いたことがある。
受けるか受けないかは本人次第だと思う。
知人がすい臓がんで亡くなった。気が付いた時は手遅れだったそうだ。
ラストまで癌にならない人は幸運である。そうありたいと願う。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR