ぴーこのあれこれ

整骨院とY医院へ

未分類

連休前にと思って、昨日は整骨院へ行ってきた。
受付に お祝いのスタンド花が置かれていた。開業10周年だそうだ。
先生はまだ40代半ば、若くして開業なさったのね。そつのない会話、対応が患者さんに
人気らしい。もちろん実力があってのことでしょうけど、イケメンでもいらっしゃるのよ。
これまでも多くの医師に出会ったけど、医師といえども人間性が問われるし相性もある。
現在受診しているT大の整形外科W医師、KO病院のN医師、O病院のH医師
満足のいく対応をしてくださるのでありがたい思っている。

今日は内科のY医院へ行ってきた。Y医院は開業して3年目だけど開業時にお祝い花が
50を超えていて驚いたのを覚えている。こんなものなのね。Y医師も40代半ば、元気よく
親切な対応で信頼できる。昨夜から寒気がして風邪をひいてしまったようだ。
タイミングよくお薬を貰ってきた。たまに風邪をひくと疲れるわ。

スポンサーサイト

再会

未分類

再会なんていうとロマンチックな場面を想像してしまうけれど、今回はそうではない。
2か月ほど前、食品売り場の休憩場所で声を掛けてくれた88歳のお婆ちゃんなのだ。
最寄駅のホームのベンチに座ったいたら何やら重そうな紙袋を3つ持ってお婆ちゃんが
隣の席に座った。どこかで見かけたような気がして声を掛けてみたら、やはりあの時の
お婆ちゃんだった。

「75歳まで看護師をやっていたの.よ。何もすることがないから老人ホームのボランティアに行こうと思って
・・・だってまた今日も生きるのかと思うのよ」 ざっとこんな話だった。わたしも朝起きて「今日も生かされているわ。
有意義に過ごさなくちゃ・・・」と思うもの。10分ほど喋って「元気でね」 88歳のお婆ちゃんに
言われてしまった。そうそうコーヒーキャンディを一袋くださったわ。でもびっくりした。
駅のベンチで再会するなんて。わたしも杖だなんて逃げていないでもっと前向きに生きなくっちゃ。

娘と

未分類

娘と久し振りに吉祥寺でデートした。杖になって街中をこんなに歩いたのは始めてだった。
靴や洋服も見たかったけれどそこまでの余裕はない。やはり杖では限度があるわ。
残念。第一ホテルで食事する。相変わらずよくしゃべること。電話でも1時間はざらだけど
その日は4時間喋った。子供たちも社会人になりいくらか余裕ができたのだろう。

娘はいつも「元気でいてくれて助かるわ」と言う。友人の間でも親の介護問題が頻繁に
話題になると言うし、現に介護に明け暮れている人もいるそうだ。
ところがその割には親世代が構われるのを拒否? する場合もあるらしい。
まだ動けるから放っておいてほしいとか、子供の世話になるよりホームに入りたいとか
意見が食い違うそうだ。娘が言った。「連休にかた付けにでも行きましょうか?」と。
でも私も思うのだ。もう少しそーっとしておいて欲しいと。今あれこれ動かされては杖だし心身ともに
ストレスになりそうだもの。親子問題も難しいものがあるわね。でも親世代の我が儘とばかりは
言えないと思う。

途中下車

未分類

杖になって始めて沿線のO駅で下車してみた。新装なったO駅、エレベーター、
エスカレーターも設置され杖でも利用しやすくなっていた。駅前商店街はさほど
変わらず 日高屋、コロラド がある。久し振りにコロラドに立ち寄ってみた。
店内が狭く禁煙ではないのが難だけれど。BGMはお気に入りのジャズでいい雰囲気だった。
若いころを思い出したわ。同行した友達はみなどうしているのだろう。

O駅は大江戸線の乗換駅でもある。よく乗ったわ。各駅殆ど下車してみた。
楽しかったなぁ・・・杖では危なくて乗る自信がない。乗っておいてよかったと心底思う。
友達の多くはタクシーどころか電車に乗るのも面倒だし用事がなければ乗らないと言う。
のんびり乗って途中下車し自分なりの楽しみを見つける、こんな私っていい歳をして
変わっているのだろうか。まぁ、いいわ。自分の人生だもの。わが道を行くわ。

日焼けの季節到来

未分類

さくらが終わったら新緑と紫外線がやってきた。日焼けの季節到来、
私はお化粧が苦手なのだ。めんどくさいな。またお化粧なの?
化粧するもしないも自分次第、外見を気にする私ではないけど鏡で見るとかなり
顔が赤黒くなっている。しみもちらほら、80年ちかくろくにお化粧してこなかったからよ。
自業自得ね。昨年友達に勧められて高価な化粧品を買ったのに半分も使っていない。
これから役に立つかしら? 

久し振りに近くのロイヤルホストでBさんと食事する。街道沿いの桜吹雪が綺麗だった。
食事のあと喫茶店に移動、おしゃべりは5時間に及んだ。彼女、膀胱がんの再発もなく
元気そうだったけれど、でもどこかで心配なことがあるのだろう。よくしゃべった。
楽しかった。まだ運転している彼女に駅まで送ってもらって5時半帰宅。

同じバッグ

未分類

駅のトイレで洋式を待っていたら、出てきた私と同じくらいのお婆ちゃん。
ふと見ると私と同じようなバッグを持っている。思わず「あら、同じバッグみたい・・・」
と発してしまった。すると彼女も気が付いたようで「あら、同じですね。色違いだわ。
わたしは地元のOOで買ったのですよ」と言う。「私は娘に送ってもらったの。千葉に居るんです」
ここでひとしきりお喋りする。バッグは黒の本体に茶色の部品がわたし。彼女のは茶色の本体に
白の部品だった。こんなこともあるのね。以前同じようなジャケットを着た人を見かけたことがあるわ。

春先は着るものに迷う。買いに行くのも面倒だし持って帰るのも大変なので、つい同じような
洋服ばかり着ている。今日は久しぶりにお喋り会だった。4人それぞれの服装、
体感が違うのね。ほんと悩んでしまうわ。お婆ちゃんなんか誰も見てないのにね。
気にしているのは自分だけ、なんてね。お喋りの殆どは食べ物の話。罪がないわね。

整骨院へ

未分類

整骨院へ通い始めて1年が経った。昨年4月1日が初めてだった。
相変わらず先生との会話が面白い。「お花見何処へ行ったのですか?」なんて聞かれるのだもの。
色々話して目黒川の桜で盛り上がった。杖になる前に行っておいてよかったわ。
この頃やたら目黒川の桜っていう。河幅は狭いのにね。目黒っておしゃれなイメージが
あるからでしょ。でも確かに桜には魅了される。古代から日本人を虜にしてきただけあるわ。

久し振りに助手のWさんがいた。「お久しぶりです。やっと会えましたね・・・」なんて可愛いことを言う。
かれ、以前我が家近くのアパートに住んでいたそうだが、まだ修行中なので毎日は来られないらしい。
私が小さいこともあるけどウォーターベッドから下りる時が大変。左ひざが痛いから左向きには
起きられない。ベッドが左向きなのだ。仕方なく助手さんに手を引っ張ってもらうことになる。
いつものパターンなので悪いけどやむを得ない。当然のことのように引っ張ってくれるWさん、
ありがとう!

あぁ、面白かった!

未分類

行きつけの美容室に出かけた。Tさんが居た。娘の高校の同級生のお母さんである。
週刊誌を見でいた彼女が言った。「これ見て・・・かっこいいでしょ?」 キムタクの写真だった。
「そうね。カッコいいけどちょっと甘すぎるわ。鳥羽一郎みたいに男らしい人が良いわ。カサブランカダンデイ
なんて痺れるわ」
「そうね。歌が上手いわね。私も好きよ」と彼女。それからミーハーな会話が続いた。
彼女、キムタクの目が良いと言う。好みもあるけど軟弱な男性は苦手だ。
お婆ちゃんでもまだこんな会話で盛り上がれるなんて、と大笑いしてしまった。{敬称略}

そうそう、都心へ行った日は武道館で法政大学の入学式だった。陸橋も道路も若者であふれ、
私も自分の老いを忘れた。そうだわ。以前から雑踏や人ごみが好きな私。きっとエネルギーを
貰っていたんだわ。もう少し元気でいたい。欲望は果てしないわね。

都心のさくら

未分類

朝の天気を見て矢も盾もたまらず都心のドライブに行ってきた。
KO病院経由である。相変わらず院内は混雑している。それを見て杖だけど元気な日々を
送れることに感謝。食事とトイレを済ませて久しぶりに都心へ。
芝公園、東京タワー、増上寺周辺を経由、官庁街、竹橋、千鳥ヶ淵、靖国神社・・・見事な
桜を堪能した。都心の景観にも出会えて楽しかった。「ありがとう」のひと言である。

行って良かった。行けて良かった。来年のことは分からないもの。
それにしても体の中から突き上げるように湧き出るエネルギー? は何なのだろう。
この前はダウン中・・・なんて書いたばかりなのに。自分でも不思議だ。
ドライバーとの会話も面白く1時間なんてあっという間だった。¥8090円。たまには
良いじゃない。でも2,3日おとなしくしていよう。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR