ぴーこのあれこれ

Fさんと

未分類

先日電話のあったFさんと、久しぶりに吉祥寺のホテルで食事してきた。
87歳の彼女、夫の介護で疲れているように見えた。髪も真っ白になりちょっとびっくりした。
でもお喋りは健在で思い出をあれこれ手繰り寄せていた。そして「楽しいことも沢山あったし贅沢させてもらったから
介護も仕方ないのよ」と言った。そうね。話を聞いているとかなり豊かに生きてきたらしい。
「あなたと居るのが一番気楽で安らぐわ。安心して何でも話せるわ」とも言った。

会話ってまず受け止めることが最重要ね。つい話をさえぎったり別の話題にすり替えたりしがちだけど
そうすると満足感が得られない。今回は特にそう思った。もちろん聞かされるばかりじゃたまらない。
同意するところは同意し反論するところは反論する。これが成り立つから親友と言えるのね。
「ストレス発散ができて良かったわ。ありがとう。元気でいてね。また会いましょう・・・」と別れた。
私の人生も色々な場面でかなり激しかったけど、なんとか生きてきたわ。終着点まであと少し
今日も頑張ろうっと!

文化の日

未分類

文化の日、良い天気、このまま家に居るわけにはいかない。電車に乗った。
相変わらず夫は家が良いと言う。信じられないわ。こんないい天気に家に居られる人の気がしれないわ。
電車は上りも下りも超混んでいた。子供たちも嬉々としている。他人の子どもでも笑顔がまぶしいわ。
元気そうなお歳よりもちらほら・・・みな目的があるのかな。

駅のエレベーターで同年代と思われる女性とお喋りが始まった。降りてからも延々と続く。
彼女一人暮らし86歳。「3年前、夫が癌で亡くなったのよ。介護が大変だったわ」
大柄で杖もついていない。手を取り合って話し込んでしまった。「ご主人がいらしていいじゃない」
「まぁね・・・」もっと言いたかったけどやめた。「一人は楽よ。娘が毎日電話をかけてくるのよ。
孤独死されると困るんじゃない・・・」まぁ、よくしゃべること。お互い元気でいましょうね、と別れたけど
見知らぬ人とのおしゃべりは新鮮で楽しかったわ。

11月

未分類

うとうとしていて雨の音で目が覚めた。かなり降ったようだ。
9時ごろ、S商店が灯油を配達してくれた。助かった。もう30年くらいお世話になっているので
ツーカーなのだ。なかなかテラスまで運んでくれないもの。久し振りの炎を眺めて心が安らぐ。
昨日、今日は雨だろうと思ったので整骨へ行ってきた。孫くらいの整復師さん、なかなか対応が良い。
施術をしながら世間話に花が咲く。もう結婚していて子供がいるそうだ。何かお菓子でもあげたいなと
思うけど個人的にあげていいのかな、と迷ってしまう。

「スクワットやっていますか?」と聞かれた。「はい。やっています。面白くなってきたみたいです」
「終わったらやってみましょう」 と言うので一緒にやってみた。「いいじゃないですか。
30秒くらいキープできると良いですね」 効果というのだろうか。膝の痛みが軽減してきたように思う。
加速する老いに少しでも抵抗したいもの。でも私がスクワットやるなんて思ってもみなかったわ。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR