ぴーこのあれこれ

書店

未分類

久し振りに荻窪へ出かけた。迎えにきたドライバー氏、余り話が面白くない。30分ほど
乗るときは会話の楽しいドライバーさんがいい。でも予約すると400円取られるから、待ち合わせでもないかぎり
予約はしないようにしている。今日は日曜で空いていた。
ルミネ館内の書店を覗いてみたら 「言葉にできる は 武器になる」という本を見つけた。
パラパラめくってみたら面白そうだったけど重いから買うのをやめた。杖だから本まで持てないわ。

そこで読み取ったところだけ書いてみる。 「言葉にできない」 ことは「考えていない」のと同じである。
言葉にするには、1 考え抜く 2 整理する 3 さらけ出す  とあった。
これだけしか読み取れなかったけど、ブログも何を書くか考えて整理して思いをさらけ出す。
そういうことね。今も考えながら書いているもの。ちゃんと読みたかったけど重くて残念。
佐藤愛子氏の 「90歳。何がめでたい」も目に付いたけどスルーしてしまった。
スポンサーサイト

佐藤愛子氏のことば

未分類

ちょっと前の記事になるけど、10月17日付け「朝日新聞」 「折々のことば」欄に佐藤愛子氏の記事が出ていた。
 町の音はいろいろ入り混じっているほうがいい。うるさいくらいの方がいい。
 それは我々の生活に活気がある証拠だからだ。    「随想集90歳。何がめでたい」から。

やっぱりね。わが意を得たりだわ。わたしは元々 都心が好き、交差点が好き、雑踏が好き
ない交ぜの音が好きって言ってきたし、そのように行動してきた。駅や交差点なんてうじゃうじゃ人がいて
皆何処へ行くのだろう、それぞれの人生をかかえて仕事してるのかな、なんて果てしなく想像してしまう。
これが楽しいのよ。他人の人生は生きられないけど一度きりだもの。なるべく意に添うように生きたい。
どちらかと言うと静かなところを好む友達が多いけど、ごちゃまぜの方が気楽だわ。
今は杖になって日比谷公園や芝離宮恩賜庭園、増上寺辺りも行けないわ。でも写真がある。
竹橋周辺も紅葉が綺麗なのよね。デジカメを持ってよくでかけたわ。11月になったらタクシーで紅葉
めぐりをしようと思っている。

耳が遠くなった

未分類

昨年、トンボ玉ネックレスやリンゴを送ってくれた母方の伯父さんからリンゴが届いた。
ほんの気持ちとして文明堂からお茶菓子を送ったところ電話があった。
もちろん私も電話していたけど、「耳が遠くなってね。でもこんな時しか声を聞けないから
・・・・・皆さんに宜しくね・・・」ざっとこんな趣旨の短い電話だった。98歳になったという。
すごいなぁ。会話の内容は普通と少しも変わらず声も元気そうだった。
「いつまでもお元気で長生きしてくださいね」と精一杯の思いを込めて電話を切った。
優しいおじさんだもの。秋の日差しが穏やかな午後のことでした。

先日お喋りした友、89歳のSさんも「耳が遠くなったわ」と言っていた。だから会話が
噛み合わないことも多い。人の言うことを聞くのがメンドクサイらしい。勝手に自分の
ことばかり喋る。でもそれはそれでいいじゃない。ひと時美味しいものを食べて時間を共有
することに意味があると思えば。多くを望まなければそれも良しかな。

ありがとう!

未分類

10月22日、81歳の誕生日の朝、嬉しい電話があった。大親友のFさんだった。
お互いの近況を少しお喋りし会う日を決めた。そのとき彼女がこう言ったのだ。
「あなたと話をして元気が出たわ。ありがとう・・・」
8か月前、ご主人が転んで左腕を骨折し自宅で介護しているのだ。「腕くらいじゃ入院
させてくれないのよ。病院は何処も満床であちこち探したけどダメなの。ストレスが溜まって
疲れたわ」と。 ご主人90歳、彼女87歳である。

わたしは私でまさか誕生日に電話があるとは思わなかったので心底嬉しかった。
何の駆け引きもなく会話が思いが通じるのは最高ね。これまでも旅行やランチやお喋りを
楽しんできたけど、いつもこう言ってくれる。「あなたと居るのが気楽で一番楽しいわ」と。
いつまで会えるか分からないけど、思いを受け止め合う充実した時間を過ごしたいと思う。

散々だわ・・・

未分類

ただでさえ杖を付いていて草臥れるというのに、昨日は右肩が痛くなった。
余り肩こりを経験したことはないけどきっと使いすぎだと思う。荷物を持つのもショルダーバッグ
をかけるのも右だもの。こうなると不便極まりない。顔も洗えないし歯も磨けない。
いつになったら良くなるのだろう。この歳になるといつ何が起こるか分からない。
たまたま弟に電話したら風邪をひいて熱があると言った。病気したことがないから落ち込んでいるようだ。
「お先に失礼します・・・」だって。いつも冗談ばかり言っで笑わせてくれる。74歳だ。

そのあと寝たきりのSさんから電話があった。相変わらず元気そうだった。でもふと思った。
こうやって強がっていないと自分を持ちこたえられないのではないかと。彼女の生き様だから
何とも言えないけど、ものごとの捉え方が私の感覚とは違ってきたなと。でも当然だろう。
そんなことを思いながらの会話だったので、「また、電話させてください」と言うけど、
ちょっと疲れたわ。わたしも無理してお相手してるんだわ。

並んでるんですけど・・・

未分類

雨が上がって整骨院へ出かけたが今日は混んでいた。施術のとき「もう少し通った方が良いですよ・・」と
言われた。そう思うけど天気が悪いと出られないのよね。そのあと久しぶりに電車に乗って秋の雲を
追いかけた。沿線の木々もほんの少し色ついて日比谷公園を思い出した。
陽射しが傾くと葉っぱがキラキラ輝いてシャンデリアのように美しかった。もう行かれないのかなぁ!

帰りタクシー乗り場でこう発してしまった。「並んでるんですけど・・・」強い言葉ね。
でも言わないではいられなかった。高齢者は杖の人もいるし荷物を下げて必死で並んでいる。
一刻も早く帰りたいものね。でも若い人は余裕があるから並ばないでうろうろしてる。
もちろん並んでいる人もいるけど。まさか割り込みはしないだろうけど、それを見ていてイライラ
してきた私。思わず強い言葉を発してしまった。もう心身ともに余裕がない証拠ね。
なので最近帰りが1時間早くなった。すぐタクシーに乗れますようにと願いながら・・・。きついわ。

のぼり旗

未分類

タクシーで地元の神社の前を通りかかったら、鮮やかなのぼり旗が立っていた。
「祝 七五三詣り」 「酉の市・・・」2本だった。ドライバーさんと話が弾んだ。
「もうこんな季節なのね。のぼり旗で季節を知るなんてね」 「ほんと1年が早いですね。
我われの仕事は2日働いて翌日休みだからあっという間ですよ。時間の感覚がずれてしまいますよ」と。
「そうでなくても歳を取ると一日が早いわ。やることがなさそうだけど行動がのろくなったので、
何をするにも時間がかかるの。そんなこと言っているうちに、あちらへ・・・ですね」

最近のカレンダーは無味乾燥ね。日にちだけ、日曜祝日が赤字になっているだけ。連休だって何の
祝日だか分からないものも多い。昔の歳時記カレンダーが懐かしいわ。もっとも探せばあるのだろうけど。
数年まえまで灯油を運んでくれたS商店から、歳時記カレンダーが届いていた。今は数字だけの簡単なカレンダーになった。
これも時代の流れかしら? それにしても神社ののぼり旗で季節を知るなんてね。淋しいわね。

心身をキープするのが・・・

未分類

秋を通り越して初冬になってしまったようなこの頃、朝の血圧が上がってきた。
徐々に低くなってくるとはいえ起きがけは150くらいある。
何だか心細くなってきた。だんだん心身をキープするのが難しくなってきたような気がする。
薬を飲んだり今日のスケジュールを確かめたり他、体が動かなくなったから時間が
かかること。優先順位で動いているつもりだけどスムーズにいかない。

家に居るようになったらあれもしてこれもしてと思っていたけど、余力がなくなってどうでもよくなってしまった。
そんなことでどうするのよ・・・と気合を入れてみても空回りするだけ。困ったな。こんなはずじゃなかったわ。
とか言いながらY医院へ行ってきた。やたら混んでる。12時過ぎに終わってその足でロイヤルホストで
食事してしまった。ここはゆっくり出来るからいいわ。そうそう来月インフルエンザの予防接種と相成った。
季節は巡るのね。あと何年生きられるのだろう?

文章教室へ

未分類

先日、レストランで知人に誘われた文章教室へ行ってきた。
会員8名のうちなんと以前からの仲間が5人いた。びっくりした。
講師は居らず会員同士で添削というより、意見交換をする。相変わらず仕切る女性がいて、やはりこんなものかなと思った。
それに飲み物はそれぞれ持参する。お茶菓子もそれぞれ配る。わたしは杖だから用意するのが大変だわ。
でもまぁ、月1回だから頑張りましょうか。たとえ茶飲み話でも取りあえず文章教室なのだから
会員の書いてきた文章はあるし、話の材料には事欠かない。

”カオス”という同人誌の仲間が2人いる。長編だから私には向かないわ。私は現実が面白い。
どうせ書くなら現実をとことん書きたい。でも歳を取ったしそれもめんどくさくなりつつある。
ブログくらいでちょうどいいかな。でもブログを書いているとは言わなかった。
ということで、取りあえず参加することにしたのでした。飲み物やお茶菓子を持参するのが大変だけど。

ハッピーな一日

未分類

昨日、急に思い立って郊外へドライブしてきた。以前から行ってみたいと思っていた調布飛行場周辺である。
飛行機が見えるかと思ったけど小さな飛行機が3機飛び立つのを見ただけだった。
何処へ行くのだろう? 周辺は味の素スタジアム、警察学校、榊原記念病院、武蔵野の森公園
など広い敷地に点在していた。ドライバーさんが詳しい人であれこれ説明してくれて楽しかった。
京王線も見えたし甲州街道も走った。どこをどう走ったのか分からないけど興味津々面白かったわ。
やはり思い立ったら行動ね。タイミングのいい時に行動しなくちゃ・・・。

帰りはいつものロイヤルホストまで送ってもらう。私より歳下かなと思われる女性が車いすで
娘さんらしき人と食事していた。暗く耐えている表情・・・辛いんだろうな。
わたしはまだ辛うじて一人ででも行動できる。ありがたいわ。という訳でハッピーな一日だった。
ドライブ費用、9250円。所用時間1時間半だった。今日は雨、昨日実行して正解だったわ。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR