ぴーこのあれこれ

ドライバーAさん

未分類

先日、昨年秋に富士山に連れて行ってくれたドライバーAさんから電話があった。
「さくらも咲き始めたし、そろそろどうですか?」と言った。わたしも電話しようかなと思っていたので
グッドタイミングだった。その相談をしましょうということになり、昨日ロイヤルホストで食事した。
お互い、気に入らなかったらまた同行しようとは思わないはずなので、富士山のドライブは
楽しかったのだろう。

富士山のとき、彼女とは初めてのドライブだったが、体は疲れなかったけど、どこかで緊張していたのだろう。
帰宅してから左足の指がつってしまった。9時間も車に乗っていたから私の体力には
きつかったのかもしれない。たまに足指がつることはあったけど、やはり気持ちのいいものではない。
いつ治るのかと心細かった。彼女、ちゃんと分かってくれた。さて、次回はどこへ連れて行って
くれるのだろう。もちろん私の希望も伝えた。彼女、その内電話しますと言った。
スポンサーサイト

「はいチーズ」

未分類

朝日新聞・川柳に 「はいチーズ」「なんで笑わにゃならんのだ」という一句を見つけた。
年配の男性らしい。ほんとにそうよね。おかしくて思わず笑ってしまった。
「チーズ」と笑ったつもりが大口を開けていたり、タイミングが悪くて中途半端だったり、妙に
歪んでしまったり、なかなか難しい。だいたい、「チーズ」という口元を何秒続けていられるかしらね。
かと言って生真面目な表情も面白くないけどね。

もともと私は写真を撮るのも撮られるのも好きではなかった。写真の面白さを知ったのは
10年くらい前、青梅に梅を見に行った時だった。同行したAさんがデジカメを持ってきていたのだ。
まぁ、面白そう・・・わたしも思うまま撮ってみたいなと思い、早速デジカメを手に入れた。
それからは旅行や都心に出かけるときは必ず持参し、風景を撮りまくった。
自分の感性で切り取る風景や光景のなんと面白いこと! いまは杖になってしまって思うように動けなくなった。
残念! 「はいチーズ」は今でも苦手である。

わたしの出番

未分類

今日は私の出番だった。夫の散髪である。わたしが散髪するようになってもう15年くらい
だろうか。年金暮らしになって経費削減である。頭頂部はほとんどなくなり襟足と耳の周りだけど、
それでも驚くほど伸びる。「虎刈りにしないでよ」と言うけど、「誰がおじいちゃんの頭なんか
見てるのよ」と答える。

わたしどういう訳かカットするのが好きなのだ。植木、野菜、紙類、生地など急にカットしたくなる。
ほとんどは野菜だけど、思い切り刻んでお鍋に入れると気持ちいいしストレス発散になる。

散髪は10分くらいで終わってしまうが、「あ~ぁ、この人と50数年生活を共にしてきたのね。
けっこう忍耐させられたわ。あぁ、くたびれた」心の声である。
そして今、お互い居るだけでいいの存在になった。人生悲喜こもごもね。戦ったわ。

小さな幸せ

未分類

ってほどでもないけど、明日からまた天気が悪いらしい。なので何処かへ行きたくなった。荻窪である。誰か誘おうかなって思ったけど、タイミングってものがある。
めんどくさいから一人で行ってきた。雑貨のお店で卓上の日めくりカレンダーを見つけた。テーブルにちょこっと
置けるかな、と思って。ひとこと小さく書いてある。
一番気に入ったのは、”泣いた分だけやさしくなれます。笑った分だけしあわせになれます”である。

そのあとお気に入りの中村屋で野菜かれーの昼食。お腹にほっと心地よく美味しかった。
お惣菜を少し買って電車に乗った。今日は郊外への電車だったが桜はまだ開花していなかった。
それでものんびり風景を眺め揺れに身を任せてひと時を過ごした。もうこんなことしかできなくなったわ。
残念。ひとことにこんな言葉もある。”倖せはあなたのこころがきめる”
そうね。だから今日は”小さな幸せ”でした。あら? 書き出しとちょっと違うわね。



美味しいものが食べたいというけれど

未分類

みな高齢になって外出もままならなくなったので「美味しいものを食べたい」という。
ところがなかなか実現しないのだ。やっと3人で約束したと思ったら当日、天気が悪く
延期しましょうとなる。2人だったら合わせるのは簡単だけど3人となると難しくなる。
2人で勝手に行ってしまうのも悪いしね。
Aさん、88歳、割におとなしく地味な人だ。「お金を残しても仕方ないと思うようになったわ」と。
Nさん、88歳、リッチでいつでもOKなのだ。同い年でも考え方、生き方が違う。当然だけどね。

だから私、お一人さまが多くなる。と言ってもせいぜい荻窪くらいね。その荻窪でさへ
3人合わせるのが大変なのだ。やっぱり自分にとって何を最優先するかの覚悟がないと
何ごとも実現しないわね。もう4月になっちゃうじゃないの。時間は待ってくれないわ。
老い先も短いというのに。わたしにとって最優先すべきは何だろう。改めて考えてみなくちゃ・・・。

京王プラザへ

未分類

やっと暖かくなって溜まっていた雑用が忙しくなった。
義妹Y子さんと京王プラザへ行ってきた。ほんとに久し振り、やはりホテルの雰囲気は私にとって最高だわ。
3月いっぱいは「つるし飾り」も「ひな祭りランチ」もあるので間に合ったわ。
でも「つるし飾り」も以前よりコンパクトになっていて、やはり経費削減なのね。

食事は外の風景が見えるレストランにした。まぁ、居心地のいいこと! 高層ビル、車や人の流れ
まさに都心の風景だわ。ざわめきの中に身を置いてY子さんと心ゆくまでお喋り、久し振りだったので
楽しいひと時だった。彼女70歳、こう言った。「お姉さまが私の年の頃は毎日出かけていたわね。
わたし負けてるわ。頑張らなくちゃ・・・」と。彼女、ちょっと体調が悪いらしい。
「ひな祭りランチ」は綺麗で美味しくてさすがホテルのレストランね。また集っている人たちも優雅に見えるから不思議。
たまにはこんな雰囲気に浸りたいな、と強く思った。色んな人たちと来たなぁ・・・思い出したわ。遠い思い出。

書いてもいいけど書かなくてもいいような

未分類

まだ安定しない天気だけど運動不足になるから取りあえず美容室に出かけた。
この頃客がいない。日曜日はとくに空いている。カットしてもらいながらオーナーと雑談する。
彼女なかなか話し上手で友達みたいに喋る。気が置けなくていいわ。

それにしてもどうして客が少ないのだろう。知り合いも友人も高齢化して美容室を利用する
回数が減ったのだろうか。きっとそうだわ。最近いつ行っても空いているのだもの。
もともと若い人が利用する美容室ではないけど淋しいわね。
シャンプーの時の湯量が以前ほどたっぷりではなくなったような気もする。経費節減なのね。
それに、なんだかいろいろなものがせこくなったような気もする。だんだん追いつめられているような。
そんなことを考えながら久しぶりに電車に乗った。でも曇天だと何だか気が晴れないのよね。
そんなこんなで書いてもいいけど書かなくてもいいような一日でした。

今日の出番

未分類

今週は天気が定まらず寒かったり雨が降ったり外出もままならない。
今日はまた在宅である。そこで夫の出番となった。買い物である。夫は足が丈夫なので
まだまだ元気、それに買い物は好きなのだ。と言ってもメモしたものしか買ってこないので
本当は自分で行きたいけど仕方ない。

私の出番は電話である。9時ごろ娘から電話があった。週1回の定期便である。
なんと86分、長かった。メインの話は「民生委員をお願いします」と言われたというのだ。
わたしは、「まだ早いでしょ。引き受けたら自分の生活が犠牲になるかもしれないわよ。
子供たちのこともあるし、私たち両親の先行きもどうなるか分からない。今励んでいるヨガや
バレエ教室も忙しいんでしょ」と釘を刺しておいた。
子供たちの相談ごと、世間話は私の出番である。娘は「元気で助かるわ。それにしてもいつも大きな声ね」と言った。

出番

未分類

誰が?  って夫である。昨日朝、突然リビングの蛍光灯がすーっと消えた。
そろそろかなと思っていたけど突然消えると不便だこと。そこで夫の出番となった。
わたしにはどうすることもできない。小さな脚立を持ってきてやっとの思いで外した。
夫82歳、危なっかしいったらありゃしない。転倒でもしたら寝たきりになりかねないわ。

気の速い夫は早速外した器具を持って小島電気に行き買ってきた。そして懸命に
作業している。これまた思うようにいかない。私は外野でああでもないこうでもないと
声を張り上げる。出来ることなら自分でやりたいけど無理なのは分かっている。
そこで思った。これが正に出番と言うことね。男性でなければできないことが沢山ある。
一人暮らしの友達が「いるだけでいいのよ」と言った言葉を今日ほど実感したことはなかった。
残り少ない日々をお互い協力して過ごさなければね。あら? 急に変わっちゃったわね。{笑}

在宅3目

未分類

暖かい陽気だけど何となく在宅3日目である。今日は春雨だ。
さっき、お喋り会のNさんから電話があった。「どうしてますか? 何か美味しいものを食べに行かない?」
最近、何を食べても美味しくない、と言う。わたしもそうね。特別食べたいものもないけど、お寿司だったら
いいかな。先日のホテルの食事も大したことなかったし、探しておいてと言われても・・・困ったな。

昨日、大分、湯布院を旅する番組があった。そこで「だご汁」を食べていたのだ。
思い出したわ。Fさんと湯布院へ行ったとき、駅前の小さな食堂で食べた「だご汁」の美味しかったことを。
野菜がたくさん入っていてみそ味でもっちりしたお団子の美味しかったこと。たった¥650だった。
美味しいものと言ったら、長崎のちゃんぽん、皿うどんも最高なのよね。わたし、長崎だからよく食べたわ。
あの旨味は東京では味わえないわ。本場の味とは何か違うのよね。食べたいな。
贅沢な食べ物もいいけど地方の素朴な料理も美味しいわね。さて、何を食べに行きましょうか。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR