ぴーこのあれこれ

Nさんに会う

未分類

駅構内で思いがけずNさんに出会った。昔の書道教室の仲間。
3年ぶりだろうか。86歳になったと言っていたが、杖も突かず元気そうだった。
あれこれ趣味はあったけれど書道も楽しかった。仲間も半数は亡くなってしまったようだ。
淋しいことね。鎌倉で書道展があって皆で出かけたことや、湯河原温泉へ出かけたり
ぶどう狩りなども楽しんだ。みな思い出になってしまった。

ところで私、やはり文字が好きなんだわ。もちろん言葉も文章も楽しい。文字を使って思いを
書き記す。これまでどれだけの文字を書いてきただろう。書道も心のままに筆を運ぶ。
楽しいのよね。いま玄関に飾ってある「笑」と言う文字。今だったらもっともっと心を遊ばせられるのに。
当時は先生のお手本があったから、それに添って書いていた。だから小さく纏まっていて面白くない。
もう一度思い切り筆を振るってみたいな。でももう体力がないわ。残念!
スポンサーサイト

晩秋の都心へ

未分類

行くつもりはなかったけれど余りの好天にまた出かけてしまった。
KO病院経由でタクシーに乗った。東京タワー、増上寺、芝公園、日比谷公園を眺め
竹橋周辺を巡った。そうそう外苑の銀杏並木も通過する。いちょう祭りが行われており
混雑していたが、もう真っ盛り美しく輝いていたわ。

東京タワーへの途中、麻布郵便局があった。以前は郵政省だったが、結婚前働いていたのだ。
信濃町から都電に乗って・・・すっかり風景は変わってしまったけれど懐かしかったわ。
青空に東京タワーの美しいこと! オレンジ色が際立って美しかった。増上寺は弟の葬儀があった
寺院。心の中で手を合わせる。竹橋周辺の山茶花が可愛いこと。あれこれ思い出の場所を巡って都心の紅葉を愛でる。
行ってよかった。後悔したくないもの。富士山の紅葉も最高だったけれど晩秋の都心もそれぞれ風情があって心に沁みた。
楽しかった! 息子の年代のドライバーさんとの会話も盛り上がったわ。

晩秋の都心へ

未分類

でんわ2件

未分類

娘から電話があった。なんと85分、バレエの発表会を控えて一段落したのか、
喋ること喋ること。生徒たちの話、衣装のこと、自分も踊るのでその衣装の話、
一人で喋っていた。わたしは殆んど聞き役、話をすることで納得しているならいいわ。
と思ったけど結構疲れた。受話器を持って85分はきつかった。

昨夜は寝たきりのSさんから電話があった。最近どうかすると2、3日おきにかかってくる。
やっぱり淋しいんだろうな、誰かとお喋りしたいのだろうな。でも富士山に行ってきたとは
さすがに言えなかった。彼女の言葉にまた感動した。
「寝てるのは私の仕事なの・・・」と。もう心が震えるほど感動した。
現実を受け入れるのにどれ程の苦悩があっただろう。
そんな彼女に返す言葉がなかった。

ばったり

未分類

富士山の絶景から一週間が過ぎた。先週行っておいてよかった。今週は天気が不安定だもの。
ところで、昨日、家の近くでタクシーを下りたらご近所のBさんに出会った。
開口一番「お元気? だれに何を言われたっていいのよ。したいようにすれば・・」だって。
ははぁ、相当言われてるんだわ。以前にも「年金暮らしなのに、よくタクシーに乗れるわね」
って噂されていたらしい。

そういう訳でタクシーばかりだから近所の人に会わなくなった。何を言われているか分かったものじゃない。
でも平気、自分の人生やりたいように生きるだけよ。人の目を気にして生きるなんてまっぴらよ。
それもせいぜい4、5年でしょ。お金がなくなるか命がなくなるか、どっちもかもね。
わたしは行動しているほうが元気でいられるから、これからもマイペースで生きるわ。
先日、弟から電話があった。「いつも大きな声で元気だね・・」だって。
今日もちょっと電車に乗った。車窓の紅葉も捨てたものじゃないわ。

富士山へ

未分類

嘘みたいでしょ? でもほんとなのよ。タクシードライバーAさんに以前から「ドライブに行きませんか?」
と誘われていたのだ。彼女55歳、娘と同じような存在で何の心配もなく楽しかったわ。
9時間半のドライブ、紅葉真っ盛りの絶景に見とれるばかりだった。
これほど美しい紅葉を見たのは初めてだった。3合目の展望台で一瞬霧が晴れ、山波を眺めることができたが、あっという間に
霧に中へ・・・・・。5合目は観光タクシー他、満杯で無理なので、そのままUターン。
河口湖近くのレストランで食事する。レトロな雰囲気の素敵な洋食屋さん、とても美味しかった。
河口湖を半周して帰途へ・・・ここがまた言葉にできない絶景で、今でも夢かうつつか幻かである。

彼女の休みの日だったので私服だったしレンタカーだった。割り勘にしましょと決めていたので、¥8000だった。
たった¥8000で富士山に行ってしまった。信じられない。彼女、また行きましょう、そのうちに1泊旅行もね、と言う。
ありがたいわね。でもこの歳でこんな体験ができるなんて、なんて面白いの! 信じられないけど富士山に行ってきました。

郵便局へ

未分類

隣の駅前の郵便局に出かけた。最寄駅の郵便局はタクシーが利用しにくいのだ。
その日は「東郷」への原稿と娘に「お祝い」を送るためだった。
娘は今でもバレエ教室で頑張っており、11月29日、発表会なのだ。
毎年行っていたけれど杖になって行かれなくなってしまった。JR京葉線「蘇我駅」なので
2時間以上かかる。その日はリュックを背負って泊りがけで出かけるのが楽しみだった。
沿線にはデイズニーランドやデイズニーシーもある。ちょっとした旅行気分で楽しかったのになぁ!

3歳からバレエを始めた娘は舞踊科を卒業し、現在も天職のように頑張っている。
趣味と実益を兼ねて成功した方かな。実益はちょっぴりだそうだけど。
女性の生き方もさまざま、私たち世代は専業主婦が多かったけど世の中変わったわね。
これからは女性でも一人で生きていける仕事を持つ必要がありそうね。厳しいだろうな。

金銭感覚

未分類

暮れも近くなった。気の早い夫は年賀状だお歳暮だと騒いでいる。
そして細かく計算して予想額を提示してくる。また始まった、と私は思う。
必要なことは分かっているけど、そこまで計算しなくても、と思うのだ。
どうせ要るものは要るのだし、アバウトでよさそうなものだ。

私だって何十年も家計簿をつけてやりくりしてきた。借金もないし無駄使い? した記憶もない。
そう、わたしが一番使うのはタクシー代かもしれない。他には口紅とシャンプー、カットくらい。
洋服も最近買わなくなった。杖になったからタクシー代は欠かせないし好奇心もある。
これは外せないわ。天気が悪ければ外出しないし何とかやりくりできる。これまでだってやってきたもの。
でもタクシー代にこんなにかかっていると知ったら夫は怒るだろうな。

整形外科へ

未分類

半年ぶりに大学病院の整形外科を受診した。
1年前に撮った膝のレントゲン写真とさほど変わらず、ひと安心した。
ということは手術をするつもりはない? でも医師は物足りなさそう? やはり何か処置を
したい? かな。 そんな雰囲気を感じて申し訳ない? 難しいな。言葉にできない心の葛藤があった。

でもこの歳で今さら手術に臨む気にはならない。これも自分の選択、自己責任の範囲かな。
これからどうなるのか、いつまでこうして歩けるのか当然不安はある。
友人たちは言う。「成功する人って少ないみたいよ。成功した人はやって良かったと言うけど、
やはり自分の選択よね」と。確かにそうよね。杖をついて歩ける範囲で行動する。これも自分の選択。
わたしには足底板が功を奏しているように思う。
半年後、足底板を新しくしてもらうことで診察は終わった。

¥5000

未分類

Y医院でインフルエンザの予防注射をしてきた。
なんと¥5000 高いわね。びっくり! 地元の病院だったら割引があるそうだけど
そのためにわざわざ行くのもね。大体タクシー代がかかるから大して変わりはないでしょ。
それにしても問診票の複雑なこと。殆どの病名が書いてあるような・・・いちいちチェック
していられないわ。とりあえず熱がなければ大丈夫みたい。
でもわたし、予防注射は2回目なのよね。インフルエンザに罹った記憶もないし、熱が高くなった
記憶もほとんどない。Y医院に通院するようになって嫌でも受けざるを得なくなった。
まぁ、いいでしょ。

帰り際、Y医師がマスクを持ってきた。そしてわたしに付けてくれた。
電車に乗るときには付けたほうが良いよ、と。でも結構めんどくさいし鬱陶しい。
我が儘な私、よほどのことがないと付けないだろうなぁ。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR