ぴーこのあれこれ

冷蔵庫とトイレ

未分類

もう5月も終わる。今週は出かけることが多かったので、今日は家にいた。
家にいると冷蔵庫の開閉とトイレが忙しいことが分かった。
冷蔵庫には親友Aさんに貰ったオレンジケーキがまだ残っていた。消費期限は31日。
早く食べなくちゃ・・・いま地震があった。怖~い。お風呂に入ってなくてよかった。
これからはのんびり電車に乗るのも考えものだわ。

歳をとってトイレが近くなった。これが半端じゃない。夜間も3回は起きる。めんどくさいけど、
これも仕方がない。杖なので余計めんどくさい。もし、大地震に遭遇したら、これまたトイレが心配だ。
改めて水と常備薬の確認をしなくちゃ・・・・水がなかったら私はまずアウトだわ。
テレビを眺めながら書いていたら、ごちゃごちゃの文章になってしまった。
交通機関にも影響が出ているという。寝るのも怖いなぁ。



スポンサーサイト

親友と再会

未分類

1週間ほどまえ高校時代の親友Aさんから電話があった。会えるときに会いましょう、ということで
今日、吉祥寺のホテルで再会した。10年ぶりだろうか。彼女は横浜に居住しているが、わたしが
杖なので吉祥寺まで来てくれたのだ。やはり病気のことから近況へ話が弾んだ。
彼女、杖こそ使っていないけれど、やはり右ひざが悪く歩きにくそうだった。

高校時代から元気だったAさん。もう30年ほどボランティアで読み聞かせを続けているという。
さすがね。お互い髪も染めずありのままの生きざまで大笑いしてしまった。それぞれ悲喜こもごもの人生
だったけれど、これでいいのでしょうね、と納得した。楽しい時間が流れ、またの再会を約束して「さよなら」した。

そう、今日は東郷神社の例祭でもあった。杖になって出席できなくなって2年が過ぎた。
当時を思い出す。青葉の映える神社での厳かな神事のあれこれ、緊張したけど貴重な経験になっている。
お世話になった編集長Kさん、感謝するばかりである。いまは天草でお過ごしとか・・・。

医科歯科整形へ

未分類

8時にタクシーを予約して医科歯科整形へ行ってきた。
Sさんは休日なので、どんなドライバーかなと思っていたら、一応顔見知りではあったけれど、Kさんという
真面目そうな人だった。遠距離だから喋れる人がよかったので、ちょっとがっかりした。
それに今日はやたら混んでて1時間半かかった。

整形の医師は柔和な穏やかな話しぶりのW医師だった。かっこいい! 膝の具合は大して変わらないので、また経過を見ることになった。
次回は11月、手術はしたくないので現状維持でなるべく頑張りたいと思う。
そのあと、16階のレストランへ。スカイツリーがまじかに見えて眺望がよくのんびりできた。
大した病状ではないから気持ちが楽でありがたいと思う。久しぶりの靖国通りは青葉がわが世の春を
満喫していたし、都心の風景も懐かしかった。
それにしても都心は人が多いわ。昨日は地震があった。遭遇したらと思うと恐怖だわ。



Y医院へ

未分類

Y医院へ行ってきた。月1回だからすぐ日が経ってしまう。
開院して3か月、患者さんは入れ代わり立ち代わり訪れる。
患者さんが支払う金額を聞くともなく聞いていたら、けっこう高額なのだ。18、000円とか
9,000円とか4,000円とか・・・リュウマチ内科だからだろうか。それも1週間分という人もいた。
わたしは血液検査も含めて1、490円だった。

以前、Nさんからこんなことを聞いた。「個人医院は病院より高いような気がするわ。それに
検査が多いのよ」と。わたしの血液検査も思いがけなかった。心の準備ができていなかった。
なんて大げさね。でも結果が怖い?
そう先日書いた「Mさん」、やはり結果は悪く膀胱がんと診断されたそうだ。
掛ける言葉もない。どんなに口惜しいだろう。親しい友人だけに私もかなりショックを受けている。

ドライバーSさん   

未分類

2か月ほどまえ、手土産を持ってきたドライバーSさん。電話しようと思いながら日が過ぎていた。
昨日いつものように迎車の電話をしたら、たまたまSさんがやってきた。
「あら、しばらく・・・お電話しようと思っていたところよ」 「いや、その節はありがとうございました。
お元気そうで・・・」 会話が始まった。
「今日はY駅までお願いします。近くの喫茶店で友達と待ち合わせなの。この頃遠くへ行かないから
お電話しなかったのよ」 「いえいえ、そんなお気遣いなく。また何かあったらお電話ください」

「そうそう実は5月26日、久しぶりに医科歯科の整形へ行くの」 「そうですか。あとで日程を調べてみます」
目的地へ着いてノートを見ていたSさん。「あら、残念、その日は休みだわ。でもケータイに電話してくだされば
可能な限り休日でも大丈夫ですから・・・会社でなくケータイにしてくださいね」と言った。
会社を通さなくてもいいのかしらね。

あれこれ

未分類

昨夜、BS朝日で ”昭和フォークの旅”をみた。
「神田川」 から「いちご白書」 「分かってください」 「秋冬」 「戦争を知らない子供たち」など
懐かしい数々・・・わたしは彼らより一回り上だけど何のその大きな声を張り上げて歌ってしまった。楽しかった!
当時、子育てをしながら聞いていたのだ。「神田川」の歌詞に「小さな石鹸かたかた鳴った」というのがある。
まさに昭和だ。石鹸を持って風呂屋へなんて遠い昔のことね。だから沁みるのよ。
おばあちゃんなのに可笑しいわね。

久しぶりに吉祥寺のホテルでFさんと食事してきた。以前は都心まで出かけていたけど、いまは
吉祥寺が精一杯。だけどホテルってどうしてこんなに居心地がいいのだろう。
非日常の空間と時間にどっぷり浸って会話と食事を楽しんだ。
東京オリンピックまで頑張りましょうね、と約束した。先のことは分からないけど。

Mさん

未分類

昨夕、Mさんからファックスがきていた。なので今電話した。わたしはその時電車に乗っていた。
Mさんはもと俳句の仲間で81歳、旅行やコンサートなども楽しんだ親しい友人だ。
最近は病気の話が多くなった。彼女、2週間ほど前から血尿があり心配だという。
わたしが以前腎臓結石の手術をしているから聞きたかったのだろう。

あれこれ話す中で、「元気な人には言いたくないのよね。あなたとはどこか似ているところが
あるから楽なの」と言った。たしかに友人は何人もいるけれど、とことん話し合える人って
そう多くはない。
先日お喋りした、もと自分史の仲間は全然ダメ、聞く耳を持たない。勝手に喋りまくってただ疲れだけが残った。
これじゃ会話にならない。もう行くの辞めようかと思う。

Mさん、来週月曜日、精密検査だそうだ。大したことなければいいけれど。

ごちゃごちゃ

未分類

とうとう風邪を引いた。春先はどうも調子が悪い。
仕方なく病院へ行った。かかりつけ医はY医院だけど予約だからいちいち電話するのがめんどくさい。
なので予約以外は病院の方が便利だ。いつでも行けるもの。
歳を取ると気が短くなる。即決即断である。

昨日は友人とコンサートの予定だった。でもそんなわけでキャンセルした。
コンサートに行かなくなってどのくらい経っただろう。あれほど好きだったクラシックももういいや・・と思う。
狭い空間で息を潜めるようにして聴くのは疲れる。サントリーホールが最後だったかな?
そのときもう来ないかもしれないと思って、小さな手提げバッグを買った。今も愛用している。
日比谷公園も芝離宮恩賜庭園も増上寺も最高にお気に入りだったのに、もう行かれそうにない。
淋しいわ。季節ごとに訪れて楽しんでいたのに。
そうだ。隅田川ももう一度見たかったなぁ!

友人との会話より

未分類

もと自分史の仲間Sさんと食事した。なんとなく満足度の話になり彼女は80%と言った。
ちょっぴり我が儘で人の話をよく聞かない傾向があるけど恵まれた暮らしだったようだ。
そして「歳を取ると良いことばかりしか浮かばないのよね。苦労もあったはずだけど・・・
人に言えないこともあるわ」と。大笑いになった。そうなんだ。彼女にも言えないことがあるのね。

たしかに言えないこと、言いたくないことがあるわね。わたしも沢山? あるわ。
でも神様に許される範囲だと思う。例えば・・・と突っ込んで話をしたらもっと面白かったかもしれない。
そして「今の若い人の方が満足度は低いかもしれないわね。私たちはここまで生きてきたけど、これから何があるかわからないものね。もちろん恵まれた人も多いでしょうけどね」
とお互い納得した。面白かった。

大涌谷

未分類

大涌谷が不穏な動きのようだ。大きな地震が来なければいいけれど。
大涌谷は5年前の夏、友人と出かけた。2度目だった。
黒たまごも食べたし写真も撮った。ロープウェイの向こうに富士山が美しかった。
行っておいてよかったわ。箱根プリンスに宿泊しドライブを楽しんだ。
夏雲が印象的だった。お土産に寄木細工の手鏡を買った。今も愛用している。

初めての大涌谷は20年ほどまえ、娘家族とだった。
そのころは孫たちも幼かったし嬉々とした表情に頬が緩んだ。
いまは2人とも成人になり娘は就職し息子は就活真っ最中である。
私たち世代は無事にここまで生きてきたけれど、巨大地震など災害に遭遇
しないことを祈るばかりだ。精一杯生き抜いてほしい。大涌谷はどうなるのだろう。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR