ぴーこのあれこれ

プチ ラッキー

未分類

先日、久しぶりに銀行へ行った。春のキャンペーンとかでアンケートに回答したら
家庭用洗剤のプレゼントがあった。ラッキー! 残り少なくなって買わなくちゃと思っていた
ところだった。
その日の帰り、コンビニに寄ったら抽選があり、麦茶が当たった。ラッキー。一日に2度もプレゼント
を貰ったわ。コンビニでは以前も年末にイヤープレートが当たった。フランダースの犬の絵柄で
可愛いの。いまも使っているわ。

わたし、宝くじとか当たったことがないけど、20年くらい前、隣の駅の商業施設で年末に
赤い自転車が当たったわ。2等だったかな。これまたラッキーだった。
さてさて、わが人生は当たりかな。どうかな。今更どうにもならないけど懸命に生きてきたわ。
でも、友人たちも自分の人生に結構満足しているみたい。わたしも残り少ない日々を頑張りましょ。
スポンサーサイト

Y医院へ

未分類

2か月前に内覧会のあったY医院へ行ってきた。3回目である。
全予約制だが、入れ代わり立ち代わり患者さんが訪れ盛況のようだ。
Y医師は以前からよく話を聞いてくださるので評判がいいようだ。
やはり医師も人間だもの。人間性が問われるし患者との相性もあると思う。

今日は面白かった。「歳を重ねてたまに落ち込むこともあります」なんて言ってしまった私。
すると「何を言ってるんですか。若くして亡くなる人も多い中、ここまで生きてこられて
万々歳じゃないですか。東京オリンピックも2度見られるじゃないですか。わたしは1度ですよ。
次回は生きてないだろうから・・・。頑張って長生きしてください・・・」こんな趣旨のことを笑いながらお喋りしてしまった。
家族じゃないから、こういう内容でも話が弾む。だから面白いのよ。
Y医師はまだ40代半ばかしら? 話の内容からそう思った。わたし、これからもお世話になることだろう。

家族という病

未分類

「家族という病」の著者・下重暁子さんをテレビでみた。
話を聞いているだけで大方の見当はついたような気がする。
家族は幻想であり、実際には家族がらみの事件やトラブルが多いという。
写真入りの年賀状は幸せの押し売りだと一刀両断である。

たしかに親密であればあるほど、喜びや憎しみ悲しみ、許せない思いも増大するわね。
他人なら割り切れることも家族だから許せないなど複雑な感情がある。
いじめ問題なども、親が悲しむから黙秘して事件に巻き込まれたり被害に遭ったりする。
夫婦間のドメステイックバイオレンスも世間に知られないことも多い。
でも何らかの事件が発生するとまず家族の安否ですものね。
あぁ、難しい。どなたかコメントください。

雑感

未分類

昨日、4日ぶりに晴れて電車に乗ったと思ったら、また今日は危なっかしい天気。
久しぶりに乗った電車、車窓の風景は葉桜、青葉に変わっていた。
それはそれで元気を貰える。やはり外に出ないと心身ともに疲れるわ。
黒メガネの男が私の前に座った。何処を見ているのだろう。目線が気になって落ち着きやしない。

愛川欽也さんが亡くなった。昭和の時代が遠くなる。私も昭和を生きられてよかった。
コマ劇場跡の総合ビル、最近はみな同じような形態ばかりで魅力がない。
これで歌舞伎町が活性化するだろうか。昔はよかった。名曲喫茶に歌声喫茶、
大いに青春を満喫した歌舞伎町、そうそうダンスホールもあったわ。
さっき、親しい友人から電話があった。社交ダンスの仲間だ。
彼女とは一番気が合って楽しい会話ができる。後日、会う約束をした。楽しみだわ。

具体的に

未分類

雨ばかりで今日も在宅、疲れてしまうわ。
ぼんやりしていて、ふと「具体的・・」と言う言葉が浮かんだ。
そうだ。相田みつをの名言集にあったわね。
    ” ともかく具体的に動いてごらん
     具体的に動けば具体的な答えが出るから ”

いい言葉ね。5年位前かな。まだ好奇心旺盛で家でじっとしているなんて考えられなかった頃。
東西線に乗った。そろそろトイレに行きたくなり下車したのが「東陽町」駅。
交差点で見まわしていて「ホテルイースト21」と言う看板に目が止まった。
そこで直行。ランチをいただく。レストランからゲートブリッジが見えた。
せっかくここまで来たのだからと、タクシーでゲートブリッジの入り口まで乗って、橋は渡らなかったけど
そのままリターン。大江戸線「大門」駅まで。
行っておいてよかったわ。もう2度と行けないもの。行き当たりばったりは最高だわ。

よくしゃべる

未分類

昨日、肺炎で入院していたSさんから電話があった。
「きのう、帰ってきました。2週間入院していたら足が頼りなくてフラフラよ」と。
それからこれまでの経過を喋り始めた。「また始まった」と思った。
普段から自分のことばかり喋る彼女。途中で言葉を挟んでもわれ関せず。
何とか25分でその時は収まったが結構めんどくさい。自分で気が付かないのかしら?

かと思えば何を考えているのやら聞き役に徹する人もいる。自分の言い分もあるだろうに、よく黙っていられるなぁ、と
感心する。わたしは黙っていられない。もちろん相手の話に合わせているつもりだけど。
昨夜、息子から電話があった。「開口一番、相変わらず元気だね。当分大丈夫だね」ときた。
息子は多弁ではない。もう少し喋ってもいいのに・・・と思う。せっかく生きているのだから
大いに会話を言葉を楽しまなくちゃもったいないわ。

荻窪へ

未分類

この頃2日と晴天が続かない。
で、昨日の晴れ間に思い切って荻窪へ行ってきた。久しぶりの荻窪、やはり活気に溢れている。
人ごみに紛れているだけで元気を貰えたわ。
まず、お見舞いを送る。友達なのでクッキーにした。そして雑貨屋さんを覘く。
小さな陶器のだるまさんを買った。手のひらにチョコンと首をかしげている。その様子が可愛くて・・・。

食事は「まい泉」で、まぁまぁかな。お惣菜売り場を覗く。しばらく来ないうちに高くなったわ。
あれこれ3種類買ったら、1500円を超えた。でもせっかく来たのだからいいでしょ。
荻窪は最近、高齢者が多い。バスが便利だしシルバーパスで来られるもの。
わたしも帰りはバスで最寄りの駅まで、そのあと電車に乗った。
以前からそうだけど、わたし、人ごみが好き。まだ荻窪なら来られそうだわ。

増上寺 

未分類

今朝、うとうとしていてふと増上寺が浮かんだ。
直近では2年まえの4月8日、花祭りに出かけたのだった。まだ杖ではなかったのでカメラ
持参だった。さくらは丁度花吹雪・・・・お寺に桜はよく似合う。善男善女で混雑していた。
行っておいてよかったわ。もう出かけられそうもない。

12年前、増上寺で弟の葬儀があった。社葬だった。仕事で酒とたばこに蝕まれ喉頭がんだった。
61歳、早すぎる。どんなに無念だったことかと今でも思う。
葬儀の日、89歳だった母と同行した。母は杖も突かず気丈に振舞っていたが心中どんな思いだっただろう。
東京タワーをバックにいつ行ってもすてきな景観を見せてくれる増上寺、四季折々何度訪れたことだろう。
大江戸線、大門駅で下車。懐かしい街並みが浮かんでくるわ。今も活気に溢れているだろうな。

でんわ2件

未分類

朝7時過ぎNさんから電話があった。お喋り仲間のYさんが肺炎で入院したらしいと言うのだ。
そういえば、一昨日Yさんから電話があったが、その時ひどく苦しそうに咳をしていたわ。
彼女はふだん元気印しの88歳。風邪を引いたなんて聞いたことなかった。
息子さんと同居しているが、おしゃべり大好きで電話がかかってくると1時間近くしゃべっている。

夜7時過ぎ、Sさんから電話があった。少し前書いたが、「キャッチしてね」のSさんである。
彼女もよくしゃべる。寝たきりなのでラジオからの情報である。まぁ、話は面白いけど、
やはり1時間は長いわ。さすがの私も疲れるわ。
電話って用件以外は自分が喋りたくてかけてくるのよね。大方はキャッチするつもりだけど、
タイミングが悪い時もある。そんなとき、あぁ、疲れたって思う。これ本音です。
喋るのも体力が必要になってきたわ。

にんじん

未分類

2、3日前に買った人参が冷蔵庫にあるのを忘れていた。
新鮮で鮮やかな色に元気を貰えそうな気がしてピーマンと一緒に買ったのだった。
当初はビニール袋の中ではち切れんばかりだったのに、2日ほどの間に小さくなって
袋に余裕ができていた。何だか悲しくなった。人間もそうね。年月と共に小さくなって肌色も
褪せていく。

以前、「バナナ」でも書いたような気がするけど、バナナも日が経つにつれ小さくしぼんで変色し
シミや斑点が出てくる。人間と同じだわ。淋しいなぁ。
で、取りあえずにんじん、ピーマン、玉ねぎ、ソーセージでスープを作った。
トマトジュースを入れるとコクが出てより美味しくなるわ。これで一時的にでも野菜不足が
解消されそう。夏野菜はカラフルで見てるだけで元気を貰えるから、これからが楽しみだわ。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR