ぴーこのあれこれ

少しお休みを

未分類

都合により、少しお休みさせていただきます。
再開しましたら、また宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

雨だ・・・

未分類

晴天の3連休が終ったら雨が降ってる。
各地の紅葉の名所はさぞ混雑したことだろう。
神宮外苑の銀杏並木も人の波、もう何年行っていないだろう。もう行けないかも。
私は電車に乗った。新宿駅周辺も人の波、何処へ行くんだろう。
おじいちゃんがやりきれない様子で座っている。いい身なりの若者2人、大きな声で高笑い。
恵まれているのだろう。太めの若者、表情も乏しく悩んでいる様子。
若い女性が鏡を見ながら髪ばかり触っている。

隣で70代始めと思われる女性が化粧を始めた。あんなに塗ったらあとが大変だろうな。
わたしにはとても無理。余計なお世話ね。
コマーシャルでもそう思う。塗ったはいいけど後が大変だろうな。
そんなこんなで時は流れていく。残り時間も減っていく。

未分類

平幹二朗がドラマの中で「顔は自叙伝だ」と言った。
自叙伝とは自分の生い立ちや生きざまを自分で書くことだ。
となると、どうにでも書ける? わね。でも「顔」はそのものずばりだものね。

いま、たまたま日曜討論を見ているが、なんと様々な顔の政治家? たちだこと。
発言も違うし顔も違う、その裏側になにが隠れているのだろう。
丸の内界隈や新橋駅近辺のサラリーマン、余裕の表情だものね。
富裕層も庶民もそれぞれの生きざまを晒して生きている。
そう思うと人間ウォッチングは興味深いわ。
これから電車に乗ってウォッチングしてこよう。

病院へ

未分類

寒いけど血圧の薬を貰いに病院へ出かけた。
会計の前は高齢者ばかり、70%くらいはおじいちゃん、お婆ちゃんだった。
びっくりした。正に高齢化社会だと思った。
内科の待合室に座ってすぐ隣の女性に声を掛けられた。「どこがお悪いのですか?」
それから会話が始まった。わたしもお喋り大好き、人間大好きだからはずむ弾む。
彼女が診察室に呼ばれるまで続いた。彼女、80歳。

まだ家事全般を受け持っているという。孫が同居しているそうで理工系大学院生だそうだ。
そう思ってみると彼女も知的な雰囲気だし元気そうだった。
私が外が好き、と言うと、私は家事が好き掃除が好きと言った。
信じられないわ。だから面白いのよ。どんな人の人生にも興味がある。楽しかった。

整形外科へ

未分類

3ヶ月ぶりにT大学整形外科へ行ってきた。
レントゲンのあと受診だったが痛みは自己申告なのでどうしても甘くなってしまう?
でも暫く手術はないようだ。よかった。できればしたくないもの。
また3ヵ月後受診である。一安心だわ。

行きはタクシーだったが新宿周辺は通勤者で行列であった。驚いた。
毎日こんな光景が続いているのだろうか。
帰りも皇居周辺をタクシーで回ってもらったが、夫も無理やり乗ってもらった。
こんな絶好のタイミングはないでしょ、と言って!
東京駅前、日比谷公園辺り、まぁ、紅葉の美しいこと! 行って良かったわ。
やれやれ、一安心!

何かないかなぁ!

未分類

このところ家にいることが多くなった。たまにはいいけど2、3日も続くと憂鬱になってしまう。
やっぱり行動できないって辛いしつまらないなぁ。
思い出を辿ってみても、これまたたまにはいいけど空しいわね。

ふと思い立ってしばらく使っていないショルダーバッグを開けてみた。
えっ! こんなところに有ったんだ。お気に入りの大振りのサンゴのイヤリングだった。
このイヤリングをつけて社交ダンスを楽しんでいたんだわ。コマ劇場前のビルの6階に
大きなダンスホールがあった。名前は忘れてしまったわ。
ビッグバンドの演奏も華やかで踊りまくっていたわ。
楽しかったなぁ! 50代前後のことだった。

お喋り会

未分類

久しぶりにお喋り会があった。4人出席、一人は体調が悪いようだ。
老いは過去を語るというが仕方ないわね。
今回はNさんの青春時代の思い出だった。彼女は若い頃、看護婦さんだったようで、
武勇伝を聞かせてくれた。医師のサイドカーに乗って横浜まで出かけたこと、事件現場にも
立ち会ったことなど興味深かった。話し終えてほっとしたような彼女の満足感が伝わってきた。

みな過去がある。それぞれの思い出を語る機会は少ない。お互いさま、
だれでも喋りたいのね。自分の過去も重ね合わせて聞き役に徹するのもいいことかも。
なにより、こうして出て来られるのが最高の幸せよね。
だって、Sさんはまだ入院している。辛いだろうな。お見舞いに行こうかな。

灯油

未分類

晴天が続かない。今日も曇り空だ。
昨日、毎冬、灯油を運んでくれる個人商店Hさんから電話があった。
わたしもかけようかなぁ、と思っていたのでグッドタイミングだった。
Hさんとのお付き合いは私が子育ての頃からである。もう40年近い。
気心も知れ、お互い年を重ねてHさんも69歳になったと言う。

わたしたちも高齢だから玄関を回ってテラスまで運んでくれるHさんに感謝である。
その分少し割高かもしれないけど、そんなこと言っていられない。
多くのお得意さんを回っているようだけど重労働だろうな。
今年は1缶、2000円だそうだ。

あぁ、疲れた!

未分類

何が?  って娘からの電話である。週1回かかってくるのだが長いの何の。1時間以上
喋ってる。止せばいいのに「バレエ」の他に「ヨガ教室」まで始めてしまって、盛況らしいけど
腰が痛いなんて言ってる。娘は教えることに興味があるそうだ。AB型。
わたしなんて、あぁ、めんどくさいって思う。B型。

夫が2階から下りてきた。大抵、自分の要求なのだ。何を言うかと思ったら、
「小遣いが足りなくなったから1万円貸してくれ」って言う。夫A型。
「急に言われても困るのよ。前以って言ってちょうだい」となる。
家計は私が管理しているから仕方がないんだけどね。
わたしは誰に言えばいいのよ。

友達

未分類

昨日は2人の友達と話をした。
一人は仲良しのFさん、同じ誕生月なので毎年、食事を共にしてきた。そろそろと
思っていたので電話がかかってきて嬉しかった。
わたしが杖になるまでは汐留やお台場のホテルに出かけていたが今は吉祥寺になった。
数少ないタクシーに乗ってくれる友達なのでありがたかったわ。

もう一人Oさんとはコンビ二だった。遠くから見かけて追いかけてきてくれたらしい。
彼女は俳句の仲間だった。もの静かだけど深い話のできる人だ。
歳をとって会う機会もなくなったので懐かしかった。
店内で近況を数分間お喋りした。また近いうちに会いましょうね、と約束をした別れたが
彼女の足取りは頼りなく見えた。わたしはもっと危なっかしいのだろうな。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR