ぴーこのあれこれ

くらし

未分類

暑くなった。寒いのも嫌だけど暑いのも辛い。高齢だから熱中症が怖い。
杖になって以前より家に居る時間が長くなった。でも、どういうわけか焦りはあまり感じないのだ。
不思議! あんなに外が好きだったのに・・・。
友人から電話があった。「もう、バタバタ動けないわね。のんびり暮らすしかないわね」
彼女もじっとしていられない人だが、いよいよ観念したのかな。

先日、5歳年下のSさんが、すい臓がんで入院したと聞いた。2、3ヶ月会っていないが、どうしてガンになってしまったんだろう。ガンは厳しいわ。辛いだろうな。
そんなことを思うに付け、今朝も元気で起きられたことに感謝である。腎臓にもトラブルを抱えている私だけど、一応血液検査も正常値だ。トイレが近いのは辛いけどこのくらい我慢しなければね。
杖になっても何とか歩けてるし、「今」を大事にしたくて手術は断念した。でも、やはり疲れるわ。先のことは分からない。
今日という日に感謝して大事に過ごさなければと思う。
スポンサーサイト

5月28日

未分類

5月28日、本日は東郷神社の例大祭である。
ご縁があって15年前から参列してきたが、昨年は足腰の衰えを感じ欠席している。
そして今年は完全に杖になってしまったので残念ながら欠席である。
境内の大テントに心地よい5月の風が吹き渡り、神職の玉砂利を歩く音が爽やかに耳に
心地よかった。懐かしいなぁ! 催行は11時だが今日は曇っているわ。
例祭のあと原宿の街をぶらぶら・・・とまではいかないが人ごみを掻き分けて歩いた
記憶が懐かしい。もう歩けないなぁ!

そして、今日は息子の40歳の誕生日だ。娘とはかなり離れて生まれたので、育児のやり直しのようだった。
幼稚園の運動会で走ったり、サッカークラブの応援に出かけたり頑張ったわ。
チャンスを逃さず健康で悔いのない人生を送って欲しいと願うばかりだ。

電車に乗って

未分類

「題名のない音楽会」 祝50周年記念~を聞いて電車に乗った。
休日の各停は家族連れ若者で混雑していた。
高田馬場、新宿駅での乗降客は半端じゃない。みな何処へ行くのだろう。
それぞれ目的があるのだろうか。もはや行くところもなくなったおばあちゃんの感想である。

久しぶりに、杖になって始めて大江戸線にトライしようとN駅で下車した。
ところがここも混雑している。やっぱり自信がなくてや~めた。
改札口を入って「ふれあいの窓」「大江戸リビング」のチラシを貰っただけで
大江戸線には乗らなかった。チラシが懐かしかった。

かくして、下りの電車に乗った。郊外に行けば行くほど緑が美しい。
飽きることなく2時間ばかり乗って今日も終わった。

かぶせ会話

未分類

Sさんが言った。「かぶせ会話って言うんですってね。」 「えっ! かぶせ会話?」
「そう、人の言葉に便乗して自分のことばかり喋る人のことらしいわよ」
「まぁ、面白いことを言うのね。はじめて聞いたわ。何処で聞いたの?」
「この前、ラジオで聞いたの」

Sさんは手術の後遺症で視力が弱い。疲れるからテレビはほとんど見ないで、ラジオを聴いているという。
だからテレビでは得られない情報を持っていて、会うときは面白かったことをノートに書いてくる。
とてもユニークで頭のいい人だ。帰宅して検索したら「かぶせ会話」ってあったわ。

でも会話はほとんどが「かぶせ会話」みたいなものね。キャッチボールのように上手くいけば楽しいけど
、そうでないと疲れるわ。気をつけなければね。

ちょこっと

未分類

我が家の前のYさん宅、屋根の修理を始めたようだが、なかなかはかどらない様子。
今日も工事はやっていないようだ。建設業界は人手不足との報道だ。
労働人口が減少すれば影響は大きいだろうな。
おばあちゃんには、これくらいしか言えませんが。

浅田選手、まぁ、すっきり爽やかな表情で、コメントもお上手。
さまざまな体験、努力、忍耐を通しての余裕がそうさせるのだろう。
彼女の心情が伝わってきた。女性として一番輝く23歳、これからもますます輝いて欲しいと思った。

大冒険?

未分類

朝から爽やかな風が吹いている。梅雨も近いことだしと思って取り合えず
荻窪に出かけた。杖になって始めてだ。お気に入りの中村屋で野菜カレーの昼食。久しぶりに美味しかった。
で、またむくむくと好奇心が湧いてきてJR総武線に乗ってみた。乗れたわ。
お気に入りの「信濃町」で下車、ベンチに座って首都高の流れを満喫した。8ヶ月ぶりよ。
明治記念館の緑がまぶしかった。

そこで止めとけばいいのに、ついでにタクシーに乗った。きのう旅番組で「赤羽橋」周辺を歩いていたので
行ってみたくなった。東京タワー、増上寺、芝公園、国会議事堂周辺を走ってもらった。いい気持!
日頃のストレスが吹き飛んだような気がした。
楽しかった。自信が付いたわ。また何処かに行こう。それにしても足さん、悪化せずにいてくれてありがとう。
やはり行動あるのみね。

ライバル意識?

未分類

ごく親しい友人Mさんと食事した。わたしが杖になってから始めて会った彼女は2歳年上、B型である。
そのことを書いた「順応性?」というエッセイをT神社に寄稿して載せていただいた。
そのエッセイを読んだ彼女。一言も発しなかった。
「このくらい私にも書けるわよ」という彼女の心の声を聞いたような気がした。

彼女は新聞に投稿して何度か採用されているが、ちょっと理屈っぽいなぁ・・・と、わたしは感じる。
「それを成し得る人のところへチャンスはやってくる。そのチャンスをキャッチするか否かだ」
というような文章をホリエモンの本で読んだ。
わたしはキャッチした。感謝している。

日曜討論

未分類

日曜討論のテーマは「年金」だった。
さまざまな実態、意見、どれをとっても難しい問題だ。
富裕層から低所得層まで議論すればするほど解決の糸口が見つからなくなる。
高齢者は増加の一途だし寿命が伸びた分、年金を受け取る期間が長くなる。
財源はどうするのか、聞いていてため息が出た。
我が家の息子は40歳だが、労働の割りに給与が低く余裕がないようだ。
若年層の老後はどうなるのか、これも頭が痛い。
ただ、乗り物や巷で見かける比較的豊かな暮らしと思われる60代、70代の
何と多いこと。

今日は話せる仲間4人で食事した。
年金問題ほか、さまざまな話が出たが、彼女等はみな80代、まぁ、元気だこと!
「まだ死ぬ気がしない・・」と言っていた。

ひえ~っ!

未分類

タクシー乗り場の前にコンビ二がある。
どうせ車に乗るのだからと、いつもコンビ二に立ち寄る。
その日は車が少なく数人並んでいた。早く並ばなくちゃという思いが、
そうさせたのだろう。気がついたらコンビ二のカゴを持ったまま並んでいた。
その間1分くらいだっただろうか。慌てて店に戻ったら店員に言われてしまった。
「ときどきこんなことあるんですか?」と笑顔だった。

いよいよ認知症? とでも思われたのだろうか。あ~あ、私としたことが・・・
笑いが止まらなかった。
若い女性2人、こちらを見て笑っていた。

地震

未分類

5月5日、早朝、震度5弱の地震があった。

電車に乗っていて3年まえの東日本大震災を思いだした。
その日、わたしは私鉄S駅のホームにいた。電車に乗り込もうとしたとき、ガタガタ揺れ始めた。
ホームのベンチに座って2時間ばかり運転再開を待ったが、次第に事の重大さがアナウンスされ、
焦りながらバスの長蛇の列に並んだ。30分待ってどうにか最寄り駅の一つ手前のY駅に辿りついた。

その夜は駅前の公民館に泊まった。そして翌朝帰宅することが出来たが、もし今度外出先で地震に遭遇したら
どうなるだろう。あの時と違って今は杖のお世話になっている。とても逃げられない。
線路上で止まったら、トイレにも行けないしパニックになるだろう。
そんなことを思いながら、まだ電車に乗っているおばあちゃんである。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR