ぴーこのあれこれ

これが自分と言えるもの

未分類

”週刊新潮”をめくっていたら、「これが自分と言えるものがあるか」というコラムを見つけた。
北方謙三氏だった。私も考えてみた。わたしはやはり化粧が嫌いだと実感した。
就職したての頃は人並みに化粧していたが、子育てから現在までどうしても化粧に
興味を持てない。でも口紅だけは欠かさないのだ。口紅がないと私ではない。
母は毎日お化粧していたし娘、孫娘もばっちり化粧している。わたしは異端児のようだ。

若見え若見えとコマーシャル、よくやるわね。相当な努力ね。まぁ、人それぞれね。
一時期、友人に勧められて2万円もする化粧品を買い揃えたけど長続きしない。
もう、いいわ。先は短いし気楽に生きましょう。でも口紅だけは欠かさないのよ。
これだけは死守している。変なの。でもコラムを読んでこんな文章が書けるとは
思わなかった。あぁ、面白かった。何ごとも面白いのが一番ね。
スポンサーサイト

ドライブ

未分類

1昨年11月、富士山へ連れて行ってくれた女性ドライバーAさんと箱根へドライブしてきた。
4回目だ。有りがたいこと。10時我が家を出発。6時に帰宅した。
行きは国道1号。湯本駅前を通過、山道をぐんぐん上る。爽やかな風、澄んだ空気に癒された。
お天気も最高、いい気もち! 芦ノ湖を見下ろす”山のホテル”でお食事。
久し振りのホテルでの食事は最高だった。Aさんも大感激してくれた。滅多に来られないものね。

帰りは西湘バイパスを通過、穏やかな海が何と気持ちいいこと。見とれてしまった。
Aさんとの会話が面白い。現役のドライバーだから話題が豊富で飽きることがない。
やはり仕事をしている人は違うわ。彼女はO型、臆するところがないので私も気を遣うこともない。
お互いいいコンビね、と大笑い。大体たまたま乗ったタクシーだったのに、こんなに楽しい出会いになるなんて
思いもしなかった。人生面白いわね。これからも行きましょうと言ってくれる。
ありがとう。まさか箱根へ行けるとは思わなかった。感謝です。

O病院へ

未分類

今日はO病院で腎臓のCT検査だった。24年まえに結石の手術をしてから
ずーっとH医師に診ていただいている。いつも元気なH医師との会話が楽しい。
「あれから24年か。早いね。私も還暦だよ」と。とすると初めてお会いした時は
36歳でいらしたのね。かっこよかったわ。

検査結果は無事通過。右の腎臓が頑張ってくれてるらしい。やっぱり神様のご加護かしら。
夜間のトイレ、4、5回は仕方ないわね。次回は12月12日、予約表を頂いて
嬉々として帰宅した。
ランチは病院近くのレストランで「フライ定食」 あじフライが美味しかった。
明日雨らしいので、ついでに電車に乗ってきた。いつ乗っても楽しい。
今日の日に感謝です。

なかなか予定通りにいかない

未分類

体調も含めて思うように事が運ばない。情けないわね。でも歳を取れば誰でも
体験することよ。自分だけは別だなんて強がりも言えなくなった。
Y医院の帰りタクシーに乗った。20分ばかりの間、お喋りが楽しかった。
ドライバーさん、ニューヨークに2年ほど仕事で滞在したと言う。街はゴミだらけ
雑然としていていつ発砲事件が起きるか分からない。人間が住む所じゃないと
言っていた。

帰国してからは静けさを求めて公園を散策するのが日課になったと言う。
ついでにテレビも受信料を払うのが勿体なくて止めたそうだ。テレビなんて言葉と音だけだと言うのだ。
えっ! 言葉と音? 確かにそうかもしれない。言葉と音がなかったらテレビは成り立たないわね。
わたしも1時間ほどテレビを消してみた。静かだわ。書いたり読んだり考えたり集中できそうだわ。
「退屈しませんか?」と聞いてみたけど「退屈しない」と言った。そんな人もいるのね。

箸とフォーク

未分類

急にナポリタンが食べたくなりパスタやさんに入った。
私より少し若いかなと思われる女性が隣の隣の席に座った。
そしてナポリタンを注文した。殆ど同時に運ばれてきたナポリタン。
彼女はフォーク、わたしは箸で食べ始めた。杖を持つので左腕が痛いから
箸にしたのだ。いつの間にかわたしはどちらが早く食べ終えるだろう、なんて
意識し始めた。

結果、わたしがほんの少し早く食べ終えた。だから何なの? 何でもない。
フォークで食べなければならないと決まっているわけじゃなし、食べやすい方でいいじゃないのと
思う。誰も文句は言わないでしょ。ランキング、無意識の意識を感じる。
急にこんなことを書きたくなってしまった。以上。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR