FC2ブログ

ぴーこのあれこれ

河口湖へ

未分類

土曜日、友人のドライバーAさんと河口湖へドライブしてきた。
1年3か月ぶりだった。Aさんは昨年暮れに母上を亡くされ他にも事情があって
久し振りのドライブだった。
調布から高速に乗り見慣れた風景に魅了されながらお喋りも弾んだ。
11月にドライブした時は紅葉真っ盛りだったけど今回は爽やかな緑の風景に癒された。

昼食は彼女の希望で前回立ち寄ったレストランにした。レトロな雰囲気の大人の隠れ家のような
落ち着いたレストランだった。彼女曰く。「OOさんにいつも元気を貰っているのよ」と。
有り難いわね。わたしも Aさんの運転に身を任せ楽ちんなのだもの。
親子ほどの年齢差だけど全く違和感がない。職業柄なかなか物知りだし会話が弾む。
河口湖を1周して石川サービスエリアで往復トイレタイム。7時帰宅でした。
楽しかった! お互い無理しないで又ね、と約束する。こんな出会い、嬉しいわね。
スポンサーサイト

迷う

未分類

朝から降ったり止んだり、どうしようかなと考えて取りあえずタクシーに電話した。
車が来てしまえば行かないわけにはいかない。どこへ・・・?整骨院である。
助手のKさんが20日で辞めるので、一度でも多く行ってあげたくて。
だってとても人懐こくてよくお喋りをしたのだもの。

院長先生にマッサージしてもらいながら 「迷うって草臥れますよね」と言ったら
「迷ったとき本能で選んだ方が最善だったって言いますよね」と。
すご~い。さすが・・・そこまでは考えたことなかったわ。
ただ、どちらかというと辞めるよりも行動してしまう私だけど。これまでも数えきれないほど
迷ったし何とかクリアしてきた。今日も行動して正解でした。

雑感

未分類

書いても書かなくてもいいようなものだけど、もう高齢だし無理することもないとは思うけど
ちょっと書く気になった。とはいえ大したことは無い。
最近テレビを大型に買い替えたので、家に居てもそれほど退屈しなくなった。

今日駅前の商業施設に出かけた。まだ開店早々だったけど、ロングシートには
大勢の高齢者が所在無げに座っていた。私もちょっと座ってみた。
隣に高齢の夫婦が来て夫は何か文句を言いながら何処かへ行った。
女性が言った。「全く我が儘なんだから。わたしは脳梗塞の後遺症で具合が
悪いのに、ちっともわかってくれないのよ」75歳、痩せていかにも頼りなげだった。

「うちも同じよ。歳を取ると自分のことで精いっぱいなのよね。相手を受け入れる余裕がなくなるのかもね。
まぁ、そうでない人もいるでしょうけどね」 夫婦も千差万別。なかなか理想通りには生きられない。
彼女「もう早く死にたいわ」とも言っていた。わたしも「あぁ、疲れた」が本音かな。

表札

未分類

顏はその人の生き様を映していると言われる。
世代、性別にかかわらずその人そのものだ。そう思ってみると実に面白い。
お喋り場には見知らぬ人たちが集う。どんな人生を生きてきたのだろうと
興味が湧く。特に男性にそう思う。私が座るテーブルに仕切っている男性Sさんがいる。
お婆ちゃんたちをはべらせて得意顔? でもその割には相手を受け止められない。

私が「Sさん 何か面白い話題はありませんか?」と言ったら「わぁ、怖い人がいる」
だってさ。誰も口を開かないから言葉を発したのに。Sさんばかりでなく何のために来てるのよ、と
思う人が多い。ただ座っているだけじゃ面白くない。
親しく話せるお婆ちゃんもいるけど話が噛み合わない。それでいてお喋り場が楽しいと言う。
あらあら愚痴になってしまったわ。
最近では立派な表札と言ったら 故・小出義雄氏だわ。惚れ惚れしてしまう。偉業を成し遂げた
素晴らしい表札だと思う。心して生きよう。

Nさん ほか

未分類

タクシーから近所のNさんを見かけた。
Nさん、85歳、今は一人暮らしだけど元気な人で絵を描いたり海外旅行を愉しんだり
派手に行動していた。
久し振りに玄関先で見かけたNさん、生気がなく思わず手を振った私にも
反応しなかった。とても悲しかった。別人のようだった。こうして知らぬ間に老いていくのね。

今日は一般参賀の日、14万もの国民が参集したとは、皇室を敬愛する人々が
多いと言うことね。お天気も良く最高でした。
わたしは相変わらず電車に乗った。今日は空いていた。急行乗換駅では多くの
若者が並んでいた。令和の時代は彼らが主導的な役割を果たすのだろう。
連休もあと2日、恵まれた人もそうでない人も、良くも悪くも自分を生きているのだろう。

プロフィール

ぴーこ

Author:ぴーこ
やはり、何か言いたくて・・・おばあちゃんですが・・・

最新記事

最新コメント

ランキング

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR